次の愛車選びに役立つ究極の三択!! 新車購入三つ巴「鼎戦」対決 3選


■鼎戦3:プラグインハイブリッドSUV対決……トヨタ RAV4 vs 三菱 アウトランダーPHEV vs シトロエン C5エアクロスSUV PHEV

三菱 アウトランダーPHEV。大容量のバッテリーと室内ユーティリティーの充実は魅力だが、大容量バッテリーゆえの車重の重さは玉にキズ

 トヨタRAV4 PHVと三菱アウトランダーPHEVは電動のリアモーターを装備する4WDなのに対して、シトロエンC5エアクロスSUV PHEVはFFである。SUVの本格派を考慮すると、ここはやはり4WDの国産2車にアドバンテージがある。

 と、言いたいところだが、考え方を変えると、国産2台はリアモーターを装備するためにいろいろな補器類も必要。片やC5エアクロスPHEVは1860kgと2台より40〜200kgも軽い。バッテリー容量も13.2kWhと最少だ(ちなみにトヨタRAV4=18.1kWh/三菱アウトランダー=20kWh)。

 リチウムイオンバッテリーの容量による重量差は激しいもので、大容量は航続距離を後押しするが、そのぶん、重量が大きいので頻繁に外部充電する必要がある。PHVでは大きければよいというものでもない。

 RAV4の重量は1900kg、アウトランダーは2090kg。アウトランダーはバッテリー容量が大きいだけに重量も重くなっている。

●オンロードならC5も魅力的

 このような重量差や、バッテリー容量の差を差し引きしながら走りを評価すると、C5の軽快感と都会的なデザイン性はグッと得点が高い。またC5はFFだがアドバンストグリップという路面状況に応じた駆動&ブレーキコントロール(ブレーキベクタリング)も行う。

 雪道など悪路面での4WDほどのアドバンテージはないが、オンロードに割り切ればFFで充分という考えも一理ある。

 3車ともにADAS(運転支援)のコントロールは横並びだが、C5はレーンキープで車線内の右寄り左寄りの微妙な位置を自由に選べるところがいい。

 総括しよう。RAV4の魅力はその総合出力。モーター出力は前が182ps、後ろが54ps。エンジン出力は177ps。素晴らしいレスポンスと加速力だ。

 アウトランダーは前後に出力の強力なモーターを採用。前が116psで後ろは136ps。エンジンは133psだ。

 そしてFFのC5は、走りも8速ATを備えてオンロードでの走りも侮れない。1.6Lターボの場合、モーター出力110.1ps、エンジン出力180psだ。

 では結論といこう。実用面では室内ユーティリティと100V/1500Wを使いきれる大きなバッテリー容量(20kWh)のアウトランダーはやはり魅力的。走りもかなりのもの。RAV4の走りもいいが、リアモーターのパワーがもう少し欲しい。アウトランダーの勝ちでRAV4、C5と続く評価としたい。

★結果:アウトランダーPHEVの勝ち……2番手/RAV4 PHV 3番手/C5エアクロスSUV PHEV

【画像ギャラリー】次の愛車を決めるひととき……心ゆくまで悩むがいい!! クルマ選びを三択にすれば3倍悩んで3倍楽しい!!(9枚)画像ギャラリー

最新号

ベストカー最新号

新型セレナ、GT-Rなど! 正常進化する注目車、大々的スクープ!! ベストカー10月26日号

正常進化する注目車、大々的なスクープ特集を目玉に、ベストカー10月26日号は濃い内容となっています。そのスクープは新型セレナをはじめとする日産の5モデルの情報。すでに注目されているホンダZR-Vやスバルクロストレックの新車情報も濃いです! さらに「車格のわりに安いクルマ」特集も読みごたえアリです。

カタログ