【国交省へ届け!!】小学生がシートベルトしていても車外へ投げ出された理由と安全に使える条件とは


 チャイルドシートを使わなければいけないのは何歳までか。ジュニアシートは何歳までか。その年齢を超えればシートベルトだけでよいのか。否。一律に年齢で区切るのは大きな問題がある。そう指摘するのは自動車生活ジャーナリストの加藤久美子氏。国土交通省とJAFの皆さま、ぜひお聞き届けください。

文/加藤久美子、画像・写真/AdobeStock、国土交通省ほか

【画像ギャラリー】大変なのはわかるけど…チャイルドシート/ジュニアシートは「正しい使い方の知識」が必要な安全装備!!(9枚)画像ギャラリー

■一人だけ車外に投げ出された小学生

 2022年5月22日、札幌市内から約30kmに位置する北海道空知郡南幌(なんぽろ)町南17線西10番地の町道で、交通事故が発生した。トヨタ・エスティマが右折対向車を避ける際、路外に逸脱したことが原因とされている。

「路外」とは路肩にある農業用排水路のことで、エスティマはここに転落してしまった。

 この事故で助手席に乗っていた小学3年生の男児だけが車外に投げされて意識不明の重体となった。ドクターヘリで搬送される際、意識がない状態だったという。エスティマにはほかに男児の家族など合計4名の大人が乗っていたが命に別状はなかった。

 現場は田畑に囲まれた見通しのいい道路で交差点に信号機はない。グーグルマップのストリートビューで周囲を確認すると、碁盤の目のように区切られた周囲の道路にも信号らしきものが見当たらない。

チャイルドシートは最も大切な安全装備のひとつだが、「正しい使い方」の知識は驚くほど広まっていない実情がある(写真:AdobeStock@buritora)

 どんな場所なのか。SNSなどに投稿された地元の人々の書き込みをまとめると、以下となる。

「この場所はみんな、スピードを出して走る場所です。信号も少ないですし。速度が出やすい。事故多発区域です」
「千歳空港から札幌に向かうルートの一つでもあるので、道路に不案内なレンタカーもよく見ます。結構飛ばしていますね」
「事故が起こった交差点は一時停止の標識がありますが、ここを走るクルマの9割は一時停止しません。ここだけじゃなくて周囲も同様。この辺に住んでいる人は一時停止の標識なんてほとんど無視する。いつか重大な事故が起こるのではないかと思っていました」

 排水路への転落の衝撃で助手席に乗っていた男児が車外に放り出されたわけだが、報道によるとこの男児はシートベルトを着用していた。シートベルトをしていたのに、なぜ車外に放出されたのか。

 ニュースの中の警察のコメントには「シートベルトが体に合っていなかったのではないか」というものがあった。

■体に合わないシートベルトは危険

 男児は小学校3年生ということで、年齢は8-9歳と推測される。小学3年生男児の平均身長は文部科学省の学校保健統計調査結果によると(令和3年7月公開)8~9歳男児の平均身長は130cm前後である。

 シートベルトが安全に着用できるまであと20cm近くも身長が足らない。

 横転した際に肩ベルト(斜めのベルト)から体がすり抜け、衝撃で腰ベルトからもすり抜けて、車外に投げ出された可能性がある。シートベルトが安全に使用できるのはクルマのタイプにもよるが最低でも145cm以上。子どもの頭身を考えれば身長150cmを超えてからが望ましいとされる。

 エスティマの助手席にシートベルトの高さを調整するアジャスターがついていたかは定かではないが、最も低い状態にしていても身長130cmには対応できないだろう。

 ではどのようにシートベルトを使っていれば良かったのか。

 それは、「体に合ったジュニアシートを使ってシートベルトの高さを適正な位置にセットすること」である。

 日本では2000年4月1日以降、運転者に対して「6歳未満の幼児を乗せる場合には保安基準を満たしたチャイルドシートを使用する」ことが義務付けられるようになった。

 では6歳を過ぎたらチャイルドシートは不要なのか。もちろんそんなことはない。2008年6月1日には後席シートベルトの着用が義務付けられるようになり、クルマに乗る際は(配送業など一部の例外を除いて)全席でシートベルトが必須となった。妊娠中の女性のおいても2008年11月に「シートベルト教則」が改訂されてからは教習所の学科教習でも「妊娠中のシートベルト着用の重要性」を学んでいるはず。

 正しい着用方法とは、鎖骨と両側の腰骨を通すことで、おなかの丸みを避けて着用する。つまり腰ベルトがおなかの上にかからないようにつけるということである。

次ページは : ■シートベルトは身長何cm以上で安全に使用できるのか?

最新号

ベストカー最新号

新型セレナ、GT-Rなど! 正常進化する注目車、大々的スクープ!! ベストカー10月26日号

正常進化する注目車、大々的なスクープ特集を目玉に、ベストカー10月26日号は濃い内容となっています。そのスクープは新型セレナをはじめとする日産の5モデルの情報。すでに注目されているホンダZR-Vやスバルクロストレックの新車情報も濃いです! さらに「車格のわりに安いクルマ」特集も読みごたえアリです。

カタログ