想定より売れていないの? イマイチウケない国産10台の「なぜ?」を考える

想定より売れていないの? イマイチウケない国産10台の「なぜ?」を考える

「このクルマ、いいはずなのに、あんまり売れてないのか…」と思いたくなるモデル、実はけっこうある。年間数百台ものクルマに試乗する自動車研究家 山本シンヤが、もっと評価されてもいいはずのモデル10台の、「なぜイマイチ売れてないのか?」を考察! 岡本幸一郎氏による新型ステップワゴンへのインプレッションも掲載!

●ラインナップ
・トヨタ スープラ
・ホンダ シビック
・スバル レヴォーグ
・スバル BRZ
・スバル WRX S4
・スバル インプレッサスポーツ
・三菱 エクリプスクロスPHEV
・日産 キックス
・マツダ CX-30
・スズキ スイフト

※本稿は2022年6月のものです
文/山本シンヤ、岡本幸一郎、写真/ベストカー編集部 ほか
初出:『ベストカー』2022年7月26日号

【画像ギャラリー】もっともっと売れていい!!! 売れてくれ!!! いいクルマだから!!! な10台をギャラリーでチェック!(30枚)画像ギャラリー

■モノはいいのになかなか売れないクルマの理由は4つ

スズキ スイフト…1〜5月累計:5761台/納期:約4カ月/値引き:24万円/価格:153万5600〜203万7200円/もっと売れてほしい期待度:80

 筆者・山本シンヤは年間数百台のニューモデルに試乗します。

 クルマのチェック時はハードを中心に評価をしていきますが、それだけではクルマのよし悪しは語れません。

 もちろん、ハードのよし悪しが重要なウエイトを占めているのは言わずもがな、コンセプト、キャラクター、ユーザーニーズなどを含めた総合力が揃ったモデルこそが、お客様にとっての真の「いいクルマ」だと考えています。

 今回のお題は「想定より売れてないの? イマイチ受けない(?)10台の「なぜ」を探る」になりますが、その理由は大きく分けると4つに分かれます。

 ひとつ目は「そのクルマを選びたくなる何かが欠けている」です。クルマは大量生産品のため、オートクチュールでない限り、すべてがユーザーの要望どおりのクルマなど存在しません。

 筆者は気になる所を超える魅力を備えるクルマが、「その人にとってのいいクルマ」だと考えています。今回の10台ではCX-30(マツダ)キックス(日産)インプレッサスポーツ(スバル)がそれです。

日産 キックス…1〜5月累計:1万1436台/納期:約3カ月/値引き:22万円/価格:275万9900〜286万9900円/もっと売れてほしい期待度:70

 どれもクルマとしての総合力は高いレベルにありますが、逆を言えば「いい人だけど……ね」で終わってしまっています。

 要するに健康食品は体にいいけど、うま味が伴わなければ多くの人は積極的には食べたいと思わない……と同じ論理だと考えています。

 2つ目は「そもそも実力がシッカリ伝わっていない」ことです。

 エクリプスクロスPHEV(三菱)スイフト(スズキ)などは、開発者が目指したところとCMなどでPRしている部分にズレがある。つまり、本当の実力が伝わっていません。

 スイフトはクルマに対して厳しい評価を持つ欧州でガチンコ勝負できる走りの実力がアピールポイントなのに、テレビCMでは「カワイイ」、「お買い得」ばかりをアピール。

 一方、エクリプスクロスPHEVは電動化を活用したオンオフ問わず安心して走れる能力を備えることが強みなのに、「電気だから燃料が節約できる」といった安易なPRをしてしまっています。

 せっかくのいいモノを持っているのに、それが伝わらないのは悲しいです。

 3つ目は「日本市場はオマケ」というイメージが拭えないことでしょう。今回の10台で言えばシビック(ホンダ)が当てはまります。

 当然、メインマーケットである北米市場を重要視した商品企画なのも事実ですが、日本市場での「シビックの役割」が古いモデルとは違うことを真摯に伝えてこなかったホンダにも原因があります。

ホンダ シビック…1〜5月累計:3208台/納期:約2カ月/値引き:23万円/価格:319万〜353万9800円/もっと売れてほしい期待度:95

 今でも「あの頃のシビックは」シンドロームから抜け出せない人が絶えないのは、それが理由です。

 そして最後は、そもそも「生産が追いついていない」です。

 GRスープラ(トヨタ)は日本向けの販売計画が非常に少ないため、そもそも台数をさばくことができないのが最大の原因です。

 そして、レヴォーグ/WRX S4/BRZ(スバル)は半導体の影響やリコール問題などが重なってしまい、受注が多いのにも関わらず生産が進まないと聞いています。

 ただ、スポーツ系モデルは、打ち上げ花火のような売れ方ではなく、少なくても着実に安定した台数を売ることが大事でしょう。

 しかし、これらのことは、本来なら自動車選びのプロである我々がシッカリと伝えなければいけないのですが、それができていなかった……、という反省もあります。

(TEXT/山本シンヤ)


次ページは : 【番外編コラム】新型ステップワゴンは先代以上に評価されていいミニバンになったのか?

最新号

ベストカー最新号

ジムニーシエラ5ドアの詳報来たる!! 注目モデルも試乗ラッシュ! ベストカー8月26日号

発売中の「ベストカー」8月26日号は注目の新車特集号! 公開されたばかりの新型クラウンクロスオーバー、雑誌ならではの切り口で魅力を探ります。さらに、新型フェアレディZと新型エクストレイルの試乗記。新型シビックタイプR、新型ムーヴキャンバスの紹介もあります!

カタログ