日産の自動ブレーキ&自動パーキングはどれだけ凄いんだ?

 もはや新たなスタンダードとなったと言っていい日産の「e-POWER」。そのe-POWERとともに浸透しつつあるのが「プロパイロット」や「インテリジェントエマージェンシーブレーキ」といった技術群たちだ。

 最近は東京メトロのモニターCMでも体験者の声が流れるようになった。詳しい中身は知らずとも、あれだけCMで連呼されると「ほんとにいいのか…?」と気になってくる人もいるハズ。

 そんななか、日産が千葉県袖ヶ浦の東京ドイツ村にて最新モデルを一同に集め、最先端技術も体験できる試乗会を実施(2018年8月)。日産の最新の実力を、清水草一氏がチェック!

※本稿は2018年8月のものです
文:清水草一/写真:池之平昌信
初出:『ベストカー』 2018年9月10日号


■自動ブレーキ&プロパイロットパーキングを体験

(TEXT/清水草一)

 この瞬間が日産車だよね! ということで、瞬間的に日産オールラインナップ試乗会に参加してまいりました!

 近年、我々の間での日産の評判は、「クルマ好きを置き去りにしている」という感じになっておるわけですが、やっぱ乗ってみないとネ!

自動ブレーキがあれば安心だ♪

■プロパイロットパーキングの実力は?

(TEXT/清水草一)

 で、実際乗ってみて一番驚いたのは、「プロパイロットパーキング」だったのです!

 これはいわゆる自動パーキング装置。不肖ワタクシ、これまでさまざまな自動パーキングを試してまいりましたが、「使える」と思ったことはただの一度もありません! トヨタのもドイツ勢のもまったく使えない! 特にベンツのは、死ぬほど操作がわかりづらくて「いらん!」とすら思った。

 従来の日産の自動パーキングは比較的使いやすいほうだったけど、そんでもあえて使う人がいるとは思えなかった。

 ところが! 新型リーフ登場とともに、大幅改良されて搭載されたプロパイロットパーキングは、初めて「使える!」と思えるものだったのです。

 なにしろ、駐車位置を指定したら、あとはボタンを押し続けるだけ。ハンドルもアクセルもブレーキも、そしてなんとシフトも操作する必要ナシ! 適当な場所で勝手に前進から後退に切り替わる!

駐車可能な位置を自動で検知

確認ボタンを押し、あとは…

シフト横にある「プロパイロットパーキングスイッチ」を押し続けるだけ!

車庫入れ駐車は切り返しなしでど真ん中に駐車した!

 駐車速度は、かなりゆっくりめだけど、とっても上手なので、切り返し回数は最上級者レベル。よってトータルではかなり速い! 操作もカンタン! 

 これまでの自動パーキングは、駐車位置の指定から前進、後退の切り替えなど、手動でやらなきゃいけない部分が多くて、結局「車庫入れがヘタクソな人間が、こんな複雑な操作をマスターするほうがかえって難しいだろ!」というものばっかりだった。

 だけどこれなら数回指導&練習してもらえば、たいてい使えるようになりそうだし、実際の使い勝手もラクチン! 世界初の快挙です! プロパイロットパーキングは、自動パーキングの革命だ! うーん、この瞬間が日産車だす。

■インテリジェントエマージェンシーブレーキの出来は?

(TEXT/清水草一)

 続いて、インテリジェントエマージェンシーブレーキを試す!

 試せたのは、20km/hくらいからの追突防止体験のみ。非常に平凡なテストで、こういうのをいっぱいやってる我々からすると止まって当然。大変物足りないものでした。もちろんちゃんと止まりましたけど。

インテリジェントエマージェンシーブレーキはセンサーが単眼カメラのみで、前方の車両や歩行者を検知。

およそ10〜80km/hの範囲で作動するが、60km/h以上では歩行者に対して作動しない仕組み。今回の試乗では20km/h程度の低いスピードでターゲットに近づくテストだったため余裕で停止した

 しかしまぁ、最近日産の自動ブレーキは、JNCAPのテストで高得点を連発していて、その実力は高いようだ。踏み間違い衝突防止アシストも進化しているとのこと(未テスト)。とにかく日産はヘタクソドライバーのためにがんばってる! 俺もいずれ歳食ってヘタクソになるので、よろしくお願いします!

最新号

ベストカー最新号

ジムニー 5ドア計画を暴く|ベストカー 12月10日号

 2018年も残すところあと2ヶ月。今年もさまざまな新車が登場したが、なかでもひと際注目を集めたのが、久々の刷新となった新型ジムニー。  11月10日発売のベストカー最新号では、そのジムニーに待望の5ドアが追加されるというマル秘情報の真相を…

カタログ