BMW、ポルシェ、ルノー…MTとATどっちが楽しい!? 迷う輸入車 8選


MT(マニュアル・トランスミッション、マニュアル車)と、AT(オートマチック・トランスミッション、オートマ車)。

日本では一部の例外を除いて圧倒的な少数派となってしまったMT車だが、欧州ではまだまだ主流を占める。逆に言えば、輸入車として入ってくるそのクルマたちにも、ATとMTを選べるクルマが多いということ。

選べたら選べたで結局は悩んでしまうものだが、でも選択肢があるのはいいことだ! ということで、MT車とAT車、どちらも選べる輸入車8台をピックアップ。自動車ジャーナリストの斎藤聡氏、岡本幸一郎氏の2人に、それぞれの比較を行ってもらった。

※本稿は2018年8月のものです
文:斎藤 聡、岡本幸一郎/写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2018年9月26日号


■ポルシェ911カレラ

(TEXT/斎藤 聡)

 今やポルシェはおしゃれなスポーツクーペの気配が濃くなった。そんなポルシェに乗るなら迷わず7DCT(デュアルクラッチトランスミッション)でしょう。速く走るという意味でも7DCTは強い味方となる。なにしろ最高峰である911GT3でさえミッションはDCTを採用しているくらいなのだから速く走るならこっちだ。

ではなぜ7速MTが用意されているのか。7速MTに乗るとポルシェの印象はガラリと変わる。ほかと変わらず3速と4速間にニュートラル位置があり、思いのほか7速MTは使いやすい。それよりクラッチを踏み、回転を合わせてシフトダウンし、ひとつ下のギヤと噛み合わせ、再びクラッチをつないで駆動力を後輪に伝え、適切なアクセル量で過不足ない駆動力を路面に伝える。速さよりもそうしたクルマのメカニズムと向き合い、使いこなす面白さがある。ポルシェ911こそMTを選ぶべきだ。

ポルシェ911は7速MTと7速DCTの2種類を設定する。面白さならMTを選ぶべきか

■シボレーコルベット

(TEXT/斎藤 聡)

 ふつうに考えたらATだよね、8速ATだし。なにしろコルベットでびっくりなのはその正確度の高い操縦性にある。誰がアメ車は大味だと言ったのか。

いやいや、実際かなり大味なクルマが多かったワケだが、近年のアメ車はびっくりするくらい操縦性がいい。なかでもコルベットは傑出している。操縦感覚はスーパースポーツカー。 V8、6.2L DOHCがひねり出す466ps/64.2kgmというド迫力のパワー&トルク。

実は大排気量、大トルクエンジンで厄介なのは、シフトアップ。3速へのシフトアップで簡単にホイールスピンするクルマを片手で抑え込む難しさときたら……と思っていたら、最近のエンジンマネージメントと電子制御の出来は秀逸。頑張れば扱えるくらいの難易度にはなっていると思う。

となれば、やはり男は(女も)黙ってMTだろう。

466ps/64.2kgmのV8、6.2L DOHC搭載のコルベットは7速MTと8速ATを設定

次ページは : ■BMW 320i

最新号

ベストカー最新号

日産が前へ動き出す! 日産スクープ総力特集!|ベストカー 7月10日号

本日、ベストカー7月10日号発売!!日産伝統のスポーツモデルの最新情報、セダン特集などをお届け。さらにランクル300の生写真も独占入手!!

カタログ