今年上半期の国産車販売トップ3はすべてトヨタ車! トヨタ一強はこのまま続くのか!?


 日本自動車販売協会連合会がこのほど、2022年上半期(1~6月)の乗用車系通称名別新車販売台数(速報)を発表した。それによると、ヤリス(ヤリス、ヤリスクロス、GRヤリス)が8万1580台を販売して2年連続のトップとなり、2位はカローラクロスなどの派生モデルが好調だったカローラ(前年4位)だった。

 3位は6万5525台を販売したルーミー(前年2位)で、トヨタが2年連続で上位3車種を独占したのだが、このままトヨタ一強状態は続くのか、国沢光宏氏が分析する。

文/国沢光宏、写真/ベストカー編集部、奥隅圭之、西尾タクト、トヨタ、ホンダ

【画像ギャラリー】トヨタ車一強状態は果たしてこのまま続くのだろうか? 写真でCHECK!(9枚)画像ギャラリー

■今年7月はトップ10にトヨタ車は5台

今年7月の登録車販売台数ランキングの結果はこのようになっている

 今年7月の登録台数を見ていて思わずウナりました。何と! TOP10にトヨタ車が5車種しか入っていない! こんな状況は少なくとも直近の20年で見た記憶なし! 長い間、TOP10のうち基本的に7車種トヨタで、日産とホンダ1~2車種ずつということになっていた。TOP10に入る日産とホンダ車は「ほぼ」決まっており、ノートとセレナ、フリードとフィットですね。

 2021年の総登録台数を見ると、5位にノート。10位フリード。それ以外はすべてトヨタ車だ。しかし! 今年7月の登録台数を見たら、表のとおり。3位にノート、5位フィット、6位セレナ、8位ステップワゴン、9位フリードと、けっこう上位にトヨタ車以外が食い込んでます。1~6月の登録台数だってTOP10にトヨタ車以外4車種も入っている! 実は今年に入ってトヨタ厳しい。

 では、トヨタ人気に陰りが出てきたのかとなれば、そんなことはまったくない! むしろトヨタ車の人気はジワジワ上昇している。トヨタのWebサイトで納期の目安を随時公表しているのだけれど、大半の車種で納期半年以上。具体的に車種を挙げると、カローラクロスやノア、ハリアーを始め納期1年以上が多数。というか、いつ納車できるか目安すら出せない状況にあるようだ。

■ニーズがあっても生産できない状況にあるトヨタ車

国沢氏が今年3月に契約したというノア。今年の秋頃だと当初言われていた納期は来年3月まで伸びたんだそう

 私は今年の3月にノアを契約した。納期は秋くらいだと言われたけれど、連絡あって「来年の3月には何とか」という状況。アルファードなんかフルモデルチェンジのタイミングが決まっており、それまでに作れる台数以上のオーダーを受けているそうな。

 一方、フィットは納期1カ月。人気のフリードやステップワゴンで納期半年といった状況。日産もノートやセレナの納期はトヨタほどじゃない。

 7月の対前年比の台数で考えるとノートは125%、フィット121%、セレナ119%と軒並み前年の7月を超えている。トヨタはどうかとなれば、1位のヤリスで80%、4位のルーミー55%、本来なら1万台以上売れても不思議じゃないアクアが5168台で前年比65%。新型クラウンなんか最初から納期1年と言われるほど。ニーズあっても生産できない状況にあるということ。

■他社に対して減産幅が大きいトヨタ。なぜか?

カローラシリーズは今年7月に2位にランクインしているが……

 トヨタだけ厳しいのか? 全体の数字から考えるとトヨタだけ他社より厳しいと思う。同じ割合だけ生産台数が減れば、全体の順位は変わらない。けれどトヨタだけ減産幅が大きく、相対的な台数が減ってしまっている。7月の対前年比で日産134%、ホンダ98%に対してトヨタ72.3%で圧倒的に少ない。これだけ落ち込めばTOP10に5車種しか残らないのも当然かと。

 なぜトヨタだけ厳しいのだろう。さまざまな方向から取材してみたのだけれど、明確な答えがわからない。アンチトヨタは「部品メーカーに対して調達価格を叩きまくるから意趣返しされている」みたいなことを言うけれど、明らかに違う。むしろ自然災害などの時はトヨタが部品メーカーに応援チームを送り込むなど、一体感が強い。部品メーカーに聞くと、トヨタの評価は高いです。

 もちろん金額的にシビアながら、だからといって破綻するような要求はしてこないという。もっと言えば今回の生産台数減、部品メーカーにとっても絶対的な部品の生産数が減れば収益に大きな影響をもたらす。受注状況は絶好調なのだから、ドンドン部品を供給すればいい--という状況にもかかわらず、生産台数を伸ばせない。そうこうしているうち、待ちきれない人は他社のクルマを買う。

次ページは : ■トヨタの人気車は当面、納期は1年以上になることを覚悟

最新号

ベストカー最新号

新型セレナ、GT-Rなど! 正常進化する注目車、大々的スクープ!! ベストカー10月26日号

正常進化する注目車、大々的なスクープ特集を目玉に、ベストカー10月26日号は濃い内容となっています。そのスクープは新型セレナをはじめとする日産の5モデルの情報。すでに注目されているホンダZR-Vやスバルクロストレックの新車情報も濃いです! さらに「車格のわりに安いクルマ」特集も読みごたえアリです。

カタログ