新型はデカすぎる?? 先代までのファンも多し!! クラウン認定中古車の価格高騰中の実際


 2022年7月15日に4つのボディタイプが発表されたクラウン。先陣を切ってクロスオーバーモデルの注文がスタートしており、残りのスポーツ、エステート、そしてセダンは2023年中の登場を目指す。

 これまで、国内専用セダンとして日本の道路に根付いてきたクラウンが、今後は世界のクラウンとして、グローバル展開されていく。新型クラウンセダンは、車格が大きく変わり、印象も変化した。

 しかし、全長5m以上へとサイズアップしたことで取り回しや駐車場などが問題となり、新世代クラウンに手を伸ばせないというユーザーも多いのではないだろうか。

 ニューモデルの登場で、クラウンの中古車市場に変化はあったのか。認定中古車の様子を中心に、最新のクラウン中古車情報をお伝えしていこう。

文/佐々木 亘、写真/TOYOTA、ベストカー編集部

【画像ギャラリー】期待の新型トヨタ クラウンと中古車人気が高騰中の14代目&15代目クラウン(12枚)画像ギャラリー

■新しいクラウンが全てを満たすとは言えなくなった

2023年中の登場を目指す新型トヨタ クラウンセダン。全長5030mm、全幅1890mm、全高1470mmと、歴代クラウンが守り続けてきた全長5m以内、全幅1800mm以内という枠を超えている

 2023年に登場するクラウンセダンの大きさは既に公開されている(数値は開発目標値)。ボディ全長は5030mm、全幅が1890mm、全高1470mmでホイールベースは3000mmだ。

 歴代クラウンが守り続けてきた、5m以内の全長、そして1800mmに納められた全幅という規制の幅を超え、新しいクラウンを提案している。

 これまでの日本市場へ向けて作られてきたクラウンでは、高級セダンとしての大きさを維持しながらも、日本の狭い道路事情を加味し、取り回しの良い全幅や駐車場に収めやすい全長を意識してきた。

 特に意識していたのが駐車場問題だ。クラウンユーザーの中には、全幅は1800mm、全長は4900mm以内に抑えてくれた方が、都合がいいという人が多い。このサイズに合わせて、駐車場を作り、歴代クラウンを乗り継いできたというオーナーの存在を、筆者は多く知っている。

 そのため、先代の15代目で全長が4900mmを1cm超えただけで、アレルギー反応を示すクラウンユーザーが多かったのも事実だ。

 このような歴代クラウンユーザーの中には、新型のコンセプトに疑問を持つ人も多い。もちろんニューモデルの登場を心待ちにする人が圧倒的に多いわけだが、ニューモデルの詳細が判明したことで、大きくなったクラウンを諦めて、良いクラウンの中古車へ乗り換えを検討する人も出てきているのだ。

■人気の中心はリボーン・ビヨンド世代

14代目トヨタ クラウン。2017年式モデルが新車価格の半値に近い価格で販売されている

 今は不人気なセダンカテゴリーということもあり、クラウン全体でみると、中古車価格は右肩下がりの状況が続く。2021年9月には平均販売価格が200万円程度だったが、2022年7月には150万円前後まで下落している。13代目以前の古いモデルが多く流通し始め、平均価格を下げている背景もあるだろう。

 だが、比較的高年式のモデルを中心に扱う、トヨタ認定中古車に絞ると様子は大きく変わる。

 全国のトヨタ販売店にあるクラウンの認定中古車は400台前後で、半数以上は15代目と14代目が占めた。セダンカテゴリーで見れば、カムリが250台前後、マークXが約300台の流通があり、クラウンの流通台数が際立って少ないというわけではない。

 しかし、2017年式の14代目クラウンでは、4.3万キロ走ったアスリートGや、3.5万キロ走行のHVアスリートSが298万円と、5年が経過したモデルが、新車価格の半値に近い価格で販売されている。

 2020年式の15代目では、2.1万キロ走行のハイブリッドRSが約600万円と、非常に高い価格で取引されているのだ。

 全体として値下がり傾向が強いクラウンで、14代目と15代目に絞ると、値落ち幅が小さいのが気になるところ。人気のモデルであり、今後の需要も十分に見込めることから、強気の中古車販売を行う傾向も見える。

次ページは : ■地域内で売り切れてしまうクラウンの人気ぶり

最新号

ベストカー最新号

新型セレナ、GT-Rなど! 正常進化する注目車、大々的スクープ!! ベストカー10月26日号

正常進化する注目車、大々的なスクープ特集を目玉に、ベストカー10月26日号は濃い内容となっています。そのスクープは新型セレナをはじめとする日産の5モデルの情報。すでに注目されているホンダZR-Vやスバルクロストレックの新車情報も濃いです! さらに「車格のわりに安いクルマ」特集も読みごたえアリです。

カタログ