クラウン発売直前に早くも大予想!! 4つのボディタイプから見えるライバル車とは?


 新型クラウンの大きな特徴は、2022年9月1日に発売となるクロスオーバーに加えて、スポーツ、セダン、エステートと4つのボディタイプを持つことだ。しかしいずれのタイプも発表会と一部会場に展示されただけで、ほとんどの人は実物を見たことがないはずだ。

 報道された写真と記事だけでは、なかなかサイズ感を感じることができない。 そこで発表された資料からそれぞれのボディタイプのライバルを考察してみた。ライバルを知ることで、これから登場するクラウンのサイズ感やパフォーマンスを想像できるはずだ!

文/渡辺陽一郎、写真/TOYOTA、MAZDA、ベストカー編集部

【画像ギャラリー】4つのボディタイプを持つ新型トヨタ クラウンとボディタイプごとのライバル車を比較考察(22枚)画像ギャラリー

■4種類のクラウンをライバル車と比較

「クラウンは廃止できない」という強い思いから4種類のボディが生まれた

 新型クラウンは、4種類のボディを用意した。その背景にあるのは「ほかのセダンと違ってクラウンは廃止できない」というトヨタの強い思いだ。

 2021年のクラウンの登録台数は、1か月平均で約1800台だから、1990年の約10%まで落ち込んだ。このクラウンを今後も存続させるには、売れ行きを大幅に伸ばす必要がある。そこで国内中心のセダンから、海外でも販売できる売れ筋カテゴリーのSUVに発展させた。

 しかもボディタイプは、既に詳細と価格が公表されたクロスオーバーに加えて、スポーツとエステートも控えている。クロスオーバーを含めて3種類のSUVがあれば、販売台数も維持しやすい。

 さらにセダンも用意する。従来型のクラウンはセダンのみで、堅実に購入する法人ユーザーも多い。新型でもその需要を継承したいからだ。

 そして3種類のSUVが使うプラットフォームは、前輪駆動を基本とするGA-Kだが、セダンは従来の後輪駆動を基本としたGA-Lを使う。つまりクラウンのセダンは、一般的なフルモデルチェンジに相当する。

 なおクロスオーバーの納期を販売店に尋ねると「納車を伴う正式な発売は2022年の秋(その後2022年9月1日と発表された)で、今でも受注は行っているが、納期は分からない」という。

 しかも「アドバンスト」の名称が付かないグレードは、2023年1月以降の生産予定だから、納車を開始するのは早くても2月以降だ。現時点で実質的に購入できるクラウンクロスオーバーは、アドバンスの付くグレードに限られる。

 クラウンスポーツ/エステート/セダンについても販売店に尋ねたが「分かっているのは、今後の約1年半の間に、順次発売することだけ」という。それでも現時点で把握できているボディサイズなどから、ライバル車を挙げて、クラウンの各車がどのような位置づけなのかを探ってみたい。

■クラウンクロスオーバー

●ライバル車:マツダ CX-60

クラウンクロスオーバーのボディ形状から考えるとライバルは不在となるが、価格510万円のSUVとして考えると、CX-60がライバルに挙がる

 クラウンクロスオーバーは、駆動方式が前輪駆動ベースの4WDのみになり、全幅は先代セダンの1800mmから1840mmに拡大された。そこで全車に後輪操舵のDRSを標準装着して、最小回転半径を5.4mに抑えている。

 パワーユニットは直列4気筒2.5Lハイブリッドと、2.4Lターボのハイブリッドだ。ターボの価格は、装備の違いを補正すると2.5Lに比べて実質57万円高く、システム最高出力と燃料代は、それぞれ2.5Lの1.5倍に相当する。

 つまりターボはパワー指向のハイブリッドで、一般的な選択は2.5Lだ。主力グレードは、装備を充実させたGアドバンストで、価格は510万円になる。

 またクラウンクロスオーバーは、セダンボディのSUVだ。後席と荷室の間に骨格が通り、後部に大きなリヤゲートは装着されない。小さなトランクフードから荷物を出し入れする。後席は中央部分しか前側に倒れず、荷室を拡大できない。

 同様のボディ形状をSUVのシトロエンC4Xも使うが、一般的な存在ではない。クラウンクロスオーバーのボディ形状を考えると、ライバル車は不在だ。

 しかし価格が510万円のSUVとして捉えると、CX-60がライバル車に挙がる。CX-60で人気の高いグレードは、XDハイブリッドエクスクルーシブスポーツとエクスクルーシブモダンだ。

 両車とも直列6気筒3.3Lクリーンディーゼルターボとマイルドハイブリッドを搭載して、内装の質も高く、価格は505万4500円になる。

 クラウンクロスオーバーGアドバンストと、CX-60 XDハイブリッドエクスクルーシブスポーツ&エクスクルーシブモダンを比べると、メカニズムや内装において、クラウンクロスオーバーは割高になってしまう。

 その理由は、クラウンクロスオーバーの価格がセダンの先代型を引きずっているからだ。先代クラウンに2.5Lハイブリッドを搭載する主力グレードのRSは、2WDが531万9000円だった。

 これに比べると新型は4WDも搭載して510万円だから割安に思えるが、SUVは売れ筋カテゴリーとあって価格競争が激しい。クラウンクロスオーバーの価格は、先代型のセダンよりは割安だが、SUVのライバル車に比べると割高なのだ。

次ページは : ■クラウンスポーツ

最新号

ベストカー最新号

新型セレナ、GT-Rなど! 正常進化する注目車、大々的スクープ!! ベストカー10月26日号

正常進化する注目車、大々的なスクープ特集を目玉に、ベストカー10月26日号は濃い内容となっています。そのスクープは新型セレナをはじめとする日産の5モデルの情報。すでに注目されているホンダZR-Vやスバルクロストレックの新車情報も濃いです! さらに「車格のわりに安いクルマ」特集も読みごたえアリです。

カタログ