シックな「セオリー」追加! ターボも設定!! 2代目ムーヴキャンバス、大充実の「新章」が始まる!!!

シックな「セオリー」追加! ターボも設定!! 2代目ムーヴキャンバス、大充実の「新章」が始まる!!!

 2022年7月13日、ダイハツから2代目ムーヴキャンバスが発売された。これまで購入者の9割が女性だったムーヴキャンバスだが、フルモデルチェンジにあたりシックな見た目「セオリー」を追加設定。ターボエンジン搭載をはじめ中身も進化を遂げ、乗り味と使い勝手が向上した新型に迫る!

●ムーヴキャンバスの進化のポイント
・先代から好評の可愛らしさは保ちつつ、外観と内装を時代に合わせて進化!
・“すっきり系”の可愛らしさに進化した「ストライプス」と、大人の価値観をにじませる「セオリー」。これら2タイプを設定。
・新世代DNGAプラットフォームを採用し、待望のターボを初搭載。走りが劇的に進化。さらに「ホッとカップホルダー」など機能も充実。


※本稿は2022年7月のものです
文/ベストカー編集部、写真/ベストカー編集部、撮影/茂呂幸正
初出:『ベストカー』2022年8月26日号

【画像ギャラリー】外装も内装も中身も大進化!!! 2代目ムーヴキャンバスをギャラリーでチェック!!!(31枚)画像ギャラリー

■中身大進化。等身大のわがままを盛り込んだ「ずっと付き合いたい一台」に

こちらが従来路線を継承した「ストライプス」。新世代DNGAプラットフォームを採用し、待望のターボを初搭載。走りが劇的に進化

「進化」。2代目ムーヴキャンバスはこの言葉が散りばめられているモデルである。「中身も進化」と書いたが、もちろん外観も進化している。

 外観の話の前に、2代目は「ストライプス」と「セオリー」という2タイプを用意。

「ストライプス」は、9割が女性ユーザーという先代からの可愛らしさを継承するタイプ。

 一方の「セオリー」はシックで落ち着いた雰囲気で、どこか男性的な匂いのセオリーを設定した部分が、ムーヴキャンバスのひとつの進化といえる。

こちらが「セオリー」。衝突回避支援ブレーキ機能などを夜間歩行者や追従二輪車にも対応させるなど安全機能が進化。後方車両を検知するブラインドスポットモニターや、急アクセル時加速抑制システムも搭載。

 この2タイプの大きな違いは

1.ストライプスは2トーンのみでセオリーはモノトーンのみ。
2.専用ホイールキャップの色あいが異なり、セオリーにはサイド部にライン入り。
3.写真のように内装のカラーパターンが異なる。

「セオリー」の内装。深みのあるブラウンとネイビーの組み合わせ。ステアリングは本革巻きだ
「ストライプス」の内装。ホワイトとグレー基調の内装。新開発のファブリックシートはソファのような座り心地

 ……ということだが、ストライプスを見て「先代と変わり映えしないね」と思っている方も多いだろう。商品企画担当の松田梨江氏はこう語る。

「好調だった先代モデルのイメージを崩さないで、進化を重視しました。

第一にデザインで、おおらかで丸い感じのシルエットは維持し、今の時代の可愛らしさとデザインを進化させました」

 今の時代の“すっきり系の可愛らしさ”を、例えばグリルに注入。つるっとすっきりした雰囲気に仕上がっている!

 そして中身の進化部分。まずはタントで大好評のプラットフォーム、新世代のDNGAの採用。しっかり感を味わえる乗り心地だ。

 さらに、待望のターボエンジンを新設定したことも大きな進化。タフトのターボをブラッシュアップし、D-CVTとの組み合わせで軽快に走る。

 先代から好評の「置きラクボックス」や、スライドドアの新機能設定など、ユーザーが求める使い勝手部分にも進化あり。

 毎日がキラキラするに違いない、“第2章”になりそうだ。

●ダイハツ 新型ムーヴキャンバス主要諸元(ストライプスGターボ)
・全長:3395mm
・全幅:1475mm
・全高:1655mm
・ホイールベース:2460mm
・最小回転半径:4.4m
・車両重量:900kg
・エンジン:658cc、直3DOHCターボ
・エンジン出力:64ps/10.2kgm
・トランスミッション:CVT
・WLTCモード燃費:25.2km/L
・価格:179万3000円(2WD)

【画像ギャラリー】外装も内装も中身も大進化!!! 2代目ムーヴキャンバスをギャラリーでチェック!!!(31枚)画像ギャラリー

最新号

ベストカー最新号

新型セレナ、GT-Rなど! 正常進化する注目車、大々的スクープ!! ベストカー10月26日号

正常進化する注目車、大々的なスクープ特集を目玉に、ベストカー10月26日号は濃い内容となっています。そのスクープは新型セレナをはじめとする日産の5モデルの情報。すでに注目されているホンダZR-Vやスバルクロストレックの新車情報も濃いです! さらに「車格のわりに安いクルマ」特集も読みごたえアリです。

カタログ