もはや無料は無理!? いっそのこと首都高は一生無料にならないほうがユーザーにメリットがあるのか?

もはや無料は無理!? いっそのこと首都高は一生無料にならないほうがユーザーにメリットがあるのか?

 国土交通省が、今年4月から料金を改定した首都高速道路(一般には値上げと認識されている)について、渋滞量が前年比10%減ったとの調査結果をまとめている。深夜割引の導入で朝夕ピーク時の走行が減り、外環道千葉区間の迂回割引も寄与したと分析されているのだ。

 国交省では深夜割引と値上げの差し引きにより、料金収入全体の増減はほぼないとみているそうだが、もはやユーザーにとって首都高は一生無料にならないほうがメリットはあるのかどうか、清水草一氏に持論を語ってもらった。

文/清水草一、写真/AdobeStock(トップ画像=Hassyoudo@AdobeStock)

【画像ギャラリー】深夜割引が効果アリ!? それともほかに理由がある!? 首都高渋滞緩和の真相と無料化の是非(5枚)画像ギャラリー

■「深夜シフト」が起こったワケとは?

深夜割引によってかなりの深夜シフトが起きたようだが、清水氏にとってはまったく予想外だったようだ(oka@AdobeStock)
深夜割引によってかなりの深夜シフトが起きたようだが、清水氏にとってはまったく予想外だったようだ(oka@AdobeStock)

 今回の調査対象は今年4月の1カ月で、20%の深夜割引を導入した午前0~4時の交通量は、前年比13%増えたのに対し、午前7時台は4%減、午後5時台は2%の減少。

 料金改定1カ月の首都高速の全体交通量は、コロナ禍による行動制限のあった前年とほぼ同水準で、距離別では長距離(36km超)の利用が減少する一方で、短距離の利用は増加した。これによって、都心通過利用も減少したという。

 また、千葉外環迂回利用割引が適用される三郷~神奈川方面は、6号三郷線経由の利用が減り、都心通過利用の減少に寄与。6号三郷線の渋滞損失時間は7%減少、6号向島線の渋滞損失時間が9%減少した。

 私は料金改定前、「渋滞緩和にはほとんど寄与しない」と予想していたが、フタを開けたら10%減。首都高の場合、交通量が1%減れば、渋滞量は10%くらい減るので、誤差の範囲内と言えなくもないが、個人的にまったく予想外だったのは深夜割引によって、かなりの深夜シフトが起きたことだ。

 首都高は、NEXCOの高速道路のような長距離利用はないから、深夜2割引といっても、金額的には大きくない。そのためにわざわざ深夜労働(首都高の利用は7~8割が業務利用、つまり労働に当たる)するケースは多くはないだろうと考えていたのだが……。

 しかも、深夜の交通量が増えたことで、朝夕ピーク時の交通量が減ったというのだから、驚くべき現象だ。朝夕の走行を深夜に切り替えられるのだろうか?

次ページは : ■首都高以外の高速道路料金の動きは?

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ