これは売れるぞ…!! トヨタ新型C-HR来夏登場!! 最激戦区コンパクトSUVを再び席捲の予感!!

超スタイリッシュSUVトヨタC-HR 満を持して新型来夏登場!!! 最激戦区コンパクトSUV市場に再び挑む!!!

 2016年12月に登場、そのわずか半年後にはSUVとして初となる月間販売台数1位を獲得するなど大ヒットをカッ飛ばしたトヨタのコンパクトSUV C-HR。

 最近は販売もピリッとせず、ライバルメーカーのみならず身内であるトヨタからも続々と新型SUVがデビューするなかで「ひょっとしてこのまま…?」なんて声も聞こえていた。

 しかーし! C-HRの物語には続きがあった! 2代目は来夏登場! 最激戦区たるコンパクトSUV市場に再び挑む!!! 果たしてその中身は???

※本稿は2022年9月のものです
文・予想CG/ベストカー編集部、写真/TOYOTA、ベストカー編集部
初出:『ベストカー』2022年10月10日号

【画像ギャラリー】新型C-HR予想CGと現行型、GRスポーツの画像をギャラリーでチェック!(29枚)画像ギャラリー

■初代は2016年12月登場 コンパクトSUV市場を席巻

 過激なデザインで2016年12月に初登場し、クーペSUVの新ジャンルを築いたトヨタ C-HRのフルモデルチェンジが近づいている。最新情報では来年夏に2代目が登場する。

 初代C-HRは個性的なデザインだけでなく、トヨタのクルマ作りを根本から進化させたTNGAを採用し、走りでも高い評価を獲得。

 登場直後から大人気を博したが、ここ数年の販売台数は落ち着き気味で、こうした個性派を求める層には行き渡ってしまったかのようにも思われた。

 それもあって2代目の計画は不透明だったが、実は順調に開発は進んでいたというわけだ。

 デザインはすでに判明していると思っていい。

 昨年12月に開催したトヨタの電気自動車(BEV)戦略のイベントでモックアップモデルを公開しているからだ。

 トヨタの社員が「ここまで見せちゃうの!?」と驚いたという逸話も残っているほどで「bZコンパクトSUV」として置かれていたのがそれ。

昨年(2021年)12月の「バッテリーEV戦略に関する説明会」でお披露目された「bZ Compact SUV」
過激なデザインのクーペSUVというコンセプトはそのままに2代目が登場。スタイリッシュSUVの急先鋒、C-HRが激戦のCセグSUVで存在感を発揮する(画像はベストカーによる予想CG)

 イベントではBEVとしての公開だったが、フロントにエンジンがあっても不思議はないデザインで、レクサスUXと同様、内燃機関とBEVのダブルパワーユニットが想定される。

 BEVオンリーではC-HRの価格帯を大きく引き上げてしまうからだ。

 さて、次期C-HRの内容だが、現行型と同様、基本的には「次期プリウスのクーペSUV版」と考えてよさそうだ。

 次期プリウスは今年末~来年初頭のデビューが予定されており、パワーユニットは改良型の1.8Lハイブリッドと2LのPHEVとなる。

 この改良型ハイブリッドは新開発のリチウムイオンバッテリーをはじめ、すべての電動モジュールを刷新するもので、トヨタ社内では「第5世代のハイブリッドシステム」と呼ばれているもの。パワーと燃費性能の向上を両立する。

 C-HRもこのハイブリッドが搭載されるのは確実だが、現行型に設定されている直4、1.2Lターボは廃止になるとの情報だ。

 代わりに自然吸気の2Lエンジンを新開発して搭載する可能性が高い。

 現行の1.2Lターボは燃費性能に劣るため、C-HRのみならずカローラシリーズでも廃止の方向とのことだ。

 つまり、次期C-HRのパワーユニットは2LガソリンNAと1.8Lハイブリッドということ。

 現行型のハイブリッドはFFのみだが、次期型には後輪をモーターで駆動するE-Foreが用意される。

 また、遅れてBEVを追加する可能性も高く、その場合、BEV専用のプラットフォームではなく、TNGAのGA-CプラットフォームをBEV用に改良することになる。

 全高を少し高くして、室内空間を向上させるとの情報もある。

 デザイン最優先で仕上げられた現行型はリアシートの居住性がやや劣っているのは事実で、そこが販売店からの改善要望の最も大きなところ。

 C-HRの最大の特徴となるスタイリッシュさと居住性のバランスをどう取るかが次期型の重要なテーマとなるということだ。

 また、現行型では登場から3年後に追加となったGRスポーツが、次期型では最初から設定されるという噂もある。MTの継続採用も期待したいところだ。

2019年10月、マイチェン時に新たに加わった初代のGRスポーツだが、2代目は最初から用意されるとの情報あり

次ページは : ■豪州政府特許庁サイトに登録されたコンパクトSUVの正体は?

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

サッカー日本代表に負けじとアツい! 創刊45周年記念号 第2弾! ベストカー12月26日号

大盛り上がりのサッカー日本代表同様に、アツい内容でお届けするのが発売中のベストカー12月26日号! 創刊45周年記念第2弾の今号は名物の「ゼロヨンテスト」特集や今年を振り返る「クルマ界2022 The総括」特集。大注目の格好いい新型プリウスを丸裸にする特集もあります!

カタログ