「最後のオートスイングルーバー付き」を見逃すな!!  人気上昇! 先代クラウンの魅力と知られざる真実

「最後のオートスイングルーバー付き」を見逃すな!!  人気上昇! 先代クラウンの魅力と知られざる真実

 「伝説の名車」と呼ばれるクルマがある。時の流れとともに、その真の姿は徐々に曖昧になり、靄(もや)がかかって実像が見えにくくなる。ゆえに伝説は、より伝説と化していく。

 そんな伝説の名車の真実と、現在のありようを明らかにしていくのが、この連載の目的だ。ベテラン自動車評論家の清水草一が、往時の体験を振り返りながら、その魅力を語る。

文/清水草一
写真/トヨタ

【画像ギャラリー】隠れた名車・先代クラウンを写真で見る!(6枚)画像ギャラリー

■最後のFRシャーシが元気を取り戻している?

 新型クラウン「クロスーバー」が発売され、いよいよクラウンが完全に新世代化した。トヨタの思い切りのよさには脱帽するしかないが、今のところ、それほどの人気爆発にはなっていない。受注は、発売開始から1カ月で2.5万台。一見、多いように感じるが、不評だった先代型が1カ月で3万台だったのと比べても、少し落ちている。

 トヨタでは、多くのモデルが納期1年以上になり、なかには受注停止になったモデルもあるが、クラウンクロスオーバーは現状6カ月から8カ月程度で、納期が早い「推奨仕様車」なら、3カ月程度で可能な場合もあるようだ。

 なにしろ国産車として最も長い歴史を持つモデルだけに、「新型が出たら必ず買い替える」というユーザーが多く、彼らがルーティン的に注文を入れていたことで、ボディカラーは、相変わらず「白」が約半分を占めているという。今度のクラウンは白というイメージではないが、伝統的なクラウンユーザーにとっては、クラウンと言えば白なのだ。

 一方では、「さすがに今度のちょっと違うなぁ」というクラウンユーザーも少なくないはず。かといって、いきなり新規客が押し寄せるほどでもなく、新型の人気は、いまのところほどほどといったところだ。

 反面、最後のFRシャシークラウンとなった15代目の先代モデルが、妙に元気を取り戻しているような気がしてならない。

2018年6月に登場した15代目となる先代型クラウン。伝統的なセダンスタイルを継承していた
2018年6月に登場した15代目となる先代型クラウン。伝統的なセダンスタイルを継承していた

 正直なところ、先代クラウンは、歴代クラウンのなかで最も中途半端で魅力がないと思っていた。クラウンの伝統を守りつつ、スポーティな6ライトスタイルを採用し、ニュルブルクリンクで走りを鍛えたというコンセプトには、どこか無理があった。おかげで伝統は薄味になり、走りもドイツ御三家に届かずの、どっちつかずになってしまった。

 ところが、新型がFRを捨て新世代に移行したことで、先代型はある意味「ラスト・クラウン」となった。その途端、なぜか街中で先代クラウンを見る機会が増え、オーナーがみんな誇らしげに感じられる。気のせいだとは思うが、先代クラウンは「ラスト」になったことで、こちらの見る目が変わり、特にスポーティなRS系が、今までより輝いて見え始めた。

次ページは : ■パワフルでスポーティな純内燃エンジン搭載車

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ