「名車」は最後に「迷車」となり、消えるべくして消えた── 日産マーチの魅力と知られざる真実


 「伝説の名車」と呼ばれるクルマがある。時の流れとともに、その真の姿は徐々に曖昧になり、靄(もや)がかかって実像が見えにくくなる。ゆえに伝説は、より伝説と化していく。

 そんな伝説の名車の真実と、現在のありようを明らかにしていくのが、この連載の目的だ。ベテラン自動車評論家の清水草一が、往時の体験を振り返りながら、その魅力を語る。

文/清水草一
写真/日産

【画像ギャラリー】名車・マーチのスタイリングを写真で見る!(6枚)画像ギャラリー

■名車はどうして終焉を迎えてしまったのか?

 2022年8月31日、日産自動車は「マーチ」の国内販売を終了すると発表した。8月末に日本向けの生産を終え、在庫がなくなり次第、販売終了となる。

1982年に初代モデルがデビューして以来、約30年に渡って販売され続けた、日本を代表するコンパクトカー、日産マーチ

 これはあくまで国内販売の終了で、欧州向けである5代目マイクラの生産・販売は続く。もっとも5代目マイクラは、日本の「マーチ」とはほぼなんの関係もなく、別のクルマと見るべきだろう。

 マーチのような長い歴史を持つビッグネームが消えるたびに、さまざまなメディアが惜別記事を掲載する。どれもこれも「惜しい人を亡くした」的な論調だ。しかし私はマーチに関しては、死者に鞭打つべきだと考えている。

 4代目マーチは非常に出来の悪いクルマだった。デザインも内装もシャシーもエンジンも、何もかもが水準に届いていなかった。4代目マーチは、「なぜこんなクルマが出てしまったのか?」と首を傾げざるを得ないレベルの迷車だったのだ。そんなクルマが、12年間も大した改良も受けずに継続販売されていたことが問題だ。

■登場した際に筆者が酷評した理由

 2010年、4代目マーチが登場した時、私はこのようなインプレッションを書いている。

「貧乏国・日本向けの廉価商品は、もう日本国内で作ってちゃ埒があかない。日産は新型マーチをタイ製にすることを決定した。タイ製なら値段もさぞかし安かろうと思ったらそうでもない。一番安いグレードは99万9600円だけどこれは営業車用で、売れ筋は下から番目の12X(122万9550円)だ。フィットやヴィッツとあまり変わんない。ナゼ? 新型マーチはお値段フツー+タイ製。これで売れるのか。

 実際のところマーチのどこがいいのかというと、燃費である。新開発の3気筒1.2Lエンジン+副変速機付きのエクストロニックCVT+アイドリングストップ機能で、10・15モード燃費26km/Lを達成。これはハイブリッドカーを除けば最高レベルの数字で、開発陣は「実燃費ではプリウスの背中が見えるはずです!」と豪語していた。実際の燃費は、17~18km/Lくらいだろう。確かにプリウスの背中は見える。

 しかし、乗ってどうだったかというと、安物感が強くてわびしい気分になった。まず、足まわりがヘナヘナしてる。完全におばさんの買い物用だ。内装の黒い樹脂の質感も低い。100円ショップを思い出す。動力性能は、日本でフツーに乗る限り必要十分なれど、感じるのは節約の2文字のみ。

 4気筒から3気筒へと節約を果たしたエンジンは、3気筒にしては滑らかだが、あくまで3気筒にしては。CVTもワイドレンジで燃費に貢献するが、やたら低い回転で走ろうとして節約感は強い。一種の出家、精進料理である。

 マーチは世界戦略車なので、世界160カ国で売られるが、ヨーロッパ向けはこんなんじゃなく、直噴スーパーチャージャー付きのエンジンを積んで、足まわりも段違いにしっかりしたものになる。日本国内向けのマーチは発展途上国仕様なのである。それを思うとさらに涙がこぼれる」

 発売されたばかりのニューモデルを、ここまで否定的に書かざるを得なかった最大の理由は、4代目マーチが3代目マーチより、主に質感に関して退歩していた点にある。旧型より新型のほうがダメになっていて、しかも値段が安くもない。そんな商品が売れるはずがない。

3代目マーチは2002年にデビュー。ひと目でそれとわかるオリジナリティあふれるデザインは、街中で”映(ば)える”ものだった

 しかも4代目マーチは、その長いモデルライフの中で、大きな改良を一度も受けていない。私は4年前、つまり登場から8年後に、「さすがに登場当時よりはいろいろ改善されてるんだろうな」と思いつつ広報車に試乗して、まったく何も進歩していないことに驚愕した。4代目マーチは、すべてがダメなままだったのだ!

次ページは : ■歴代マーチから得られた教訓とは?

最新号

ベストカー最新号

新型セレナ、GT-Rなど! 正常進化する注目車、大々的スクープ!! ベストカー10月26日号

正常進化する注目車、大々的なスクープ特集を目玉に、ベストカー10月26日号は濃い内容となっています。そのスクープは新型セレナをはじめとする日産の5モデルの情報。すでに注目されているホンダZR-Vやスバルクロストレックの新車情報も濃いです! さらに「車格のわりに安いクルマ」特集も読みごたえアリです。

カタログ