【決着!!】あの人気SUV&ミニバン 3列と2列シートどっちが有利でどっちがお得?


“3列目”のシートがある車といえば多人数用途に主眼を置くミニバンだ。比較的コンパクトなトヨタのシエンタやホンダ フリードも3列目シート/7人乗りのモデルが「基本」。だが、ここ最近新たなトレンドが見られるようになってきた。

フリードに2列シート/5人乗りモデルの「フリード+(プラス)」が設定されたのに続く形で、2018年9月にシエンタが2列仕様の「ファンベース」を追加設定。その効果もあってか翌10月には、なんと登録車No.2の販売台数に躍進!

一方、2列シートが基本のSUVにも、日産のエクストレイルなど、通常の2列シート/5人乗り仕様に加えて3列/7人乗り仕様をラインナップしている車種が存在する。

このように、2列と3列シートを両方用意しているモデルは、どちらを選ぶべきなのか? 全体の傾向と車種ごとの特長から、それぞれのメリットと注意点を考えたい。

文:渡辺陽一郎
写真:編集部、TOYOTA


SUVとミニバンの3列仕様 全般的な傾向は?

シエンタに追加された2列シート仕様の「ファンベース」。最大荷室長は2065mmを確保

SUVの3列目シートは、基本的には“荷室に装着された補助席”と考えるのが妥当だ。ミニバンは多人数で乗車したり、3列目を畳んで大きな荷物を積むことを目的に開発されるが、SUVは2列シートで居住性や走行性能を高めるように設計されている。

従ってSUVの場合、燃料タンクのために3列目シートの床が持ち上がり、座面との間隔が不足しやすい。大人が3列目に座ると、膝が大きく持ち上がってしまう。

この3列目を便利と考えるか、中途半端と見るかは用途や好みで異なる。稀に短距離を多人数で移動する程度なら、3列シートのSUVは合理的な選択になり得る。稀に生じる短距離移動のために、ミニバンを買うのはもったいないからだ。

ミニバンでも3列目の床下に燃料タンクが搭載されるが、トヨタのシエンタは薄型にして居住性を向上させた。それ以外の背の高いミニバンは、燃料タンクの位置に合わせて床面全体を持ち上げている。天井も高くすることで、2・3列目の床面段差を抑えて快適に座れるようにした。

ミニバンは多人数で乗車することを目的にしているから、SUVとは違う居住性の工夫を凝らしているわけだ。ただ、車種ごとに見ていくと「例外」もある。

SUVで3列シート仕様が推奨できる車種はある?

■CR-Vは「3列目仕様がSUVのなかでCX-8に次いで快適」

ミドルSUVのCR-Vはガソリン車に2列シートと3列シート仕様を設定。写真右が3列目

SUVの3列目シートだから、1・2列目に比べると膝が持ち上がって居住性は下がるが、快適に座れるように工夫した。

まず、1列目の下側に十分な空間を設けている。2列目に座る乗員の足がこの部分にスッポリと収まるから、2列目をかなり前側へスライドさせられる。身長170cmの乗員が2列目に座り、膝先空間が握りコブシ1つ分になるまでスライド位置を前寄りに調節しても、窮屈には感じない。

そうなると3列目にも大人が座れるだけの空間を割り当てられる。膝先空間は握りコブシ半分程度だが、3列目に座る乗員の足が2列目の下に収まることもあり、片道45分程度であれば、3列のすべてに大人が座って移動できる。座面も相応に柔軟で、座り心地にも配慮した。

ただし価格は高い。SUVに装着される3列目シートの相場は、2列目のスライド機能を含めて7万~16万円だが、CR-Vでは「EX」が19万1160円、「EXマスターピース」は22万3560円に達する。同グレードは本革シートだから、価格の上乗せが一層多額になった。

ここまで高価格だと3列目を使う機会がどの程度あるのか冷静に判断したいが、SUVの3列目としては、CX-8に次いで快適だ。多人数で乗車する機会があるなら、価格に見合う価値を発揮させられる。

■エクストレイルは「広くないが安価で荷室容量も同等な3列仕様を推奨」

エクストレイルもガソリン車に2列シート仕様、3列シート仕様を設定

ノーマルエンジンを搭載した「20X」などに、2列シート仕様と3列仕様を設定。

3列目の居住性はSUVの典型で窮屈だ。身長170cmの大人6名が乗車した場合、2列目に座る乗員の膝先空間を握りコブシ1つ分まで詰めて、3列目にどうにか座れる程度だ。それでも3列目に座る乗員の頭上と膝先空間はゼロ。つまり、頭部は天井に、膝は2列目の背面に触れてしまう。

これでは利用価値が低いが、結論をいえば3列シート仕様を推奨する。理由は価格を大幅に安く抑えたからだ。3列仕様の価格は、2列仕様に比べて7万2360円の上乗せに留まる。短い距離を多人数で移動したい時には便利に使える。

3列仕様の荷室容量が、2列仕様と比べてあまり狭まらないことも、推奨理由に含まれる。

■ランドクルーザープラドは「3列目が相当窮屈ゆえ2列仕様を推奨」

本格派SUVのランクルプラド。3列目は座面が高く窮屈だ

LサイズSUVだが、後輪駆動ベースのオフロード四駆だから空間効率は優れていない。床が高いので座面との間隔が不足気味になり、2列目に座っても膝が持ち上がりやすい。

身長170cmの大人6名が乗車した場合、2列目に座る乗員の膝先空間を握りコブシ1つ分まで詰めると、3列目にもコブシ1つ弱の余裕ができるが、膝が極端に持ち上がるから相当窮屈に感じる。

しかも3列目の価格は手動で格納する「TX」でも15万4440円と高い。3列目の居住性はエクストレイルと同程度なのに価格は2倍以上だ。2列仕様を選びたい。

次ページは : シエンタやフリードはどっち? ミニバンでも2列仕様が魅力的な車種も!

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ