止まらない人が多すぎる…黄信号なのに加速する「イエローダッシュ」の危険性と防ぐ意識

止まらない人が多すぎる…黄信号なのに加速する「イエローダッシュ」の危険性と防ぐ意識

 交差点直前で信号が黄色に変わったら、止まりますか、それとも走り抜けますか?? 黄信号は、交通状況やタイミングによっては、判断が難しいところ。微妙なタイミングで通過して、「いま止まったほうがよかったのかな」と思ってしまったり、逆に黄色でしっかり止まっても、「ちょっと急ブレーキになっちゃったから、後続車に迷惑かけてないかな」と、考えながら走行している人も多いかと思います。

 ただ、黄信号に関しては「注意しながら進め」と勘違いしている人も多いようで、「危ないから早く通行してしまおう」と、黄色で加速して通行していくクルマも多く、大変危険。黄信号での対応について、考えてみました。

文:Mr.ソラン、エムスリープロダクション
アイキャッチ写真:Adobe Stock_ako photography
写真:Adobe Stock、写真AC

【画像ギャラリー】黄信号は「注意しながら進め」ではない!! 黄信号ではどう対応すればよいのか!??(6枚)画像ギャラリー

「もうすぐ赤になるよ」という合図ではない

 交差点直前で信号が黄色に変わった時、アクセルを踏んで加速して通り抜ける、通称「イエローダッシュ」。これに対して、黄色になったらブレーキを踏んで止まることは「イエローストップ」ともよばれます。イエローダッシュ派、それともイエローストップ派ですかと聞かれると、多くの人は状況次第と答えるのではないでしょうか。ある意味で正しい答えではありますが、ただ、イエローダッシュ派の人のなかには、黄信号は「もうすぐ赤になるよ」という合図とか、「周りに注意しながらだったら進んでもいいよ」と思っている人もいるようで、それは大きな勘違いです。

 青信号は「進むことができる」、赤信号は「止まれ」を意味することは誰でも知っていること。黄色は、その中間と勝手に解釈した結果、「注意して進め」とする誤解が広まっているのかもしれません。また、黄色の点滅信号が「注意して進め」なので、これと混同しているのかもしれません。なかにはルールを知っていて黄信号を無視する人もいるかもしれませんが、それは論外です。

黄信号は原則「止まれ」

 黄信号の対応については、道路交通法施行令第2条によって、「停止位置をこえて進行してはならない。ただし、黄色の灯火の信号が表示された時において、当該停止位置に近接しているため安全に停止することできない場合を除く」と規定されています。要は、黄信号は安全に停止できない場合を除いて、必ず停止線の前で止まらなければいけないのです。

 「安全に停止できない場合」というのは、急ブレーキをかけることで、後続車に追突されたり同乗者に危険を与える、スリップしたり横転する可能性があるなどが該当し、この場合は黄信号でも進むことが認められているといえます。これを守らなければ信号無視違反に該当し、違反点数2点、普通車の場合は反則金8000円が科せられます。しかし、止まったら危険というのは、ドライバーの判断であり、客観的にそれを判断するのは難しいので、黄色の信号無視で捕まったという話は聞いたことがありません。

 ちなみに歩行者も、黄色(青色点滅)では横断を開始してはならず、道路を横断している歩行者は、すみやかに、その横断を終わるか、又は横断をやめて引き返さなければなりません。青点滅で、急いで渡る歩行者をよく見かけますが、それは違反です。

ただ、安全かどうかの判断は難しい

 法的に違反かどうかの客観的な判断も難しいですが、そもそもドライバーが止まるべきか、安全のために走り抜けるかどうかの判断も非常に難しく、冒頭でも触れたように、実際に運転中に迷うこと結構ありますよね。ドライバーは、交差点の手前にさしかかったときは、交差点を通過するか手前で止まるかを、わずかな時間で判断することを強いられています。

 通常50km/h以上の速度で走行中に、交差点直前で黄信号に変わったために止まろうとすると、どうしても強いブレーキをかけざるを得ません。同乗者が慣性力で前のめりになるので危ないし、後続車がいれば追突される恐れもあります。また、後続車がイラっとしてプレッシャーをかけてきたり、嫌がらせと勘違いして煽り運転をされるリスクも発生します。このような複雑な状況を一瞬に判断して、ブレーキをかけるかどうかを判断するのは至難のわざです。

 大きな交差点では、歩行者の信号が黄色(青点滅)に変われば、自分の通行車線の信号も黄色に切り替わるので、それで黄色に変わるタイミングを察知することはできます。しかし、歩行者用の信号がない交差点や時差式信号機、歩車分離式信号機など、いろいろな信号機の交差点があるので、すべての状況で、黄色に変わるタイミングを予知するのは困難。黄信号になっても、すぐに歩行者信号や交差道路側の信号が青信号に切り替わるわけでもないので、多くのイエローダッシュ派は、黄信号で進むほうが安全だと考えるのでしょう。

次ページは : 重要なのは交通の流れに乗りながらも、黄色で止まる意識を持つこと

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

三菱デリカにニューモデル、現る!? 未来のための新エンジン。AT対MT対決など、今号もクルマ界の隅々まで網羅します