大満足の走りと快適性を両立させたお値段以上の魅力!! ヤリスクロスGRスポーツはコスパ抜群だ

大満足の走りと快適性を両立させたお値段以上の魅力!! ヤリスクロスGRスポーツはコスパ抜群だ

 人気のコンパクトSUVヤリスクロスは、サイズ感やパッケージ、コストパフォーマンスに加えて、その個性的なスタイリングが大きな魅力となっている。

 そんなヤリスクロスに2022年8月8日にさらに走りをグレードアップしたGRスポーツが追加された。トヨタスポーツ「GR」の魅力がつまったこの新グレードには、専用のスタイリングが与えられ、サスなどに性能アップを狙ったパーツが追加されている。

 従来グレードに比べて進化したポイントやそのコストパフォーマンスをを検証した。

文/渡辺陽一郎、写真/ベストカー編集部、TOYOTA

【画像ギャラリー】このルックス、この走りでお買い得感満点!! トヨタ ヤリスクロスに追加されたGRスポーツ(14枚)画像ギャラリー

■人気のトヨタ ヤリスクロスにGRスポーツ登場

2022年8月、ヤリスクロスの一部改良と同時に追加グレードとして登場したトヨタ ヤリスクロスGRスポーツ
2022年8月、ヤリスクロスの一部改良と同時に追加グレードとして登場したトヨタ ヤリスクロスGRスポーツ

 今はSUVが人気のカテゴリーになり、各メーカーとも新型車を活発に投入している。軽自動車は人気が高くても国内専売の低価格車だが、SUVなら海外でも販売できて1台当たりの粗利も大きい。SUVは量産効果が強くメリットの大きなカテゴリーだから、新型車も増えている。

 日本で販売される小型/普通乗用車に占めるSUVの比率は、2010年頃は約10%だった。それが今は約30%だから、コンパクトカーの約35%に次ぐ売れ筋カテゴリーだ。逆にミニバンは比率を下げて約25%に留まる。そしてSUV/ミニバン/コンパクトカーを合計すると、小型/普通乗用車の約90%に達する。

 好調に売られるSUVの中でも、特に登録台数の多い車種がヤリスクロスだ。2022年1~10月における登録台数は、1か月平均にすると約7200台に達した(ヤリスとGRヤリスを除く)。

 ライズの約7500台に比べると若干少ないが、カローラクロスの約5000台は大きく上まわり、SUVの販売ランキングでは2位にランクされる。

 そしてヤリスクロスは2020年8月に発売され、2022年7月の一部改良ではGRスポーツを加えた。「GRスポーツ」とは、トヨタ車をベースに開発されるライト感覚のスポーツモデルだ。SUVではC-HR、ランドクルーザー、ハイラックスなどに用意され、売れ筋車種ではヤリスクロスが挙げられる。

 メーカーの生産/販売効率を考えると、GRスポーツのような仕様は、好調に販売できる車種に設定するのが好ましい。例えば国内販売総数の5%がGRスポーツとなった場合、1か月に100台しか売られない車種なら5台だが、1万台の人気車なら500台に達する。

 またGRスポーツのような仕様を用意するには、ある程度スポーティで趣味性の強い車種であることも大切だ。実用重視では、GRスポーツを設定しても売れ行きを伸ばせない。その意味でヤリスクロスは、販売台数が多く、なおかつ趣味性も伴うから、GRスポーツにはピッタリな車種となった。

次ページは : ■他グレードとGRスポーツの違いは

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ