これはもはや「アルファードいらず」だ! 刮目したいノア/ヴォクシー、華のある装備テンコ盛り!!

これはもはや「アルファードいらず」だ! 刮目したいノア/ヴォクシー、華のある装備テンコ盛り!!

 今年1月にフルモデルチェンジされたミドルハイトミニバンのトヨタノア&ヴォクシーは、納期半年以上という大人気車である。大人気なのは最新ミドルハイトミニバンとして全体的に実にソツなくよくできていることに加え、メーカーオプションを中心とした「欲しくなる、試してみたくなる華のある装備や機能」が多数設定される点も強く後押ししているように感じる。

 しかし、ノア&ヴォクシーにはそういった装備や機能がテンコ盛りのため、それらを詳細に解説した記事というのはあまりないこともあり、ここではノア&ヴォクシーの華のある装備や機能をピックアップし、解説していく。

本文/永田恵一、写真/ベストカーWeb編集部、トヨタ

【画像ギャラリー】「アルファードいらず」がウリの装備がテンコ盛りなノア/ヴォクシーをCHECK!(11枚)画像ギャラリー

■使い勝手関係はどうだ?

ボディ左側に設定される「ユニバーサルステップ。そのオプション設定金額はライバル車に比べて安い3万3000円
ボディ左側に設定される「ユニバーサルステップ。そのオプション設定金額はライバル車に比べて安い3万3000円

●ユニバーサルステップ(全グレードにメーカーオプション、3万3000円)

 これは左側スライドドアに付く乗降用ステップで、それほど珍しいものではない。しかし、3万3000円という価格は他モデルのものが10万円以上することを考えると激安の設定金額だ。ノア&ヴォクシーのユニバーサルステップが安いのはモーターなどを使わない機械的な機構となるためで、こういった装備の普及で重要な低価格化は大歓迎だ。

サードシートの収納にかかる負担が現行モデルではさらに減っており、ユーザーニーズに沿ったきめ細かい設定となっている
サードシートの収納にかかる負担が現行モデルではさらに減っており、ユーザーニーズに沿ったきめ細かい設定となっている

●より簡単になったサードシートの収納(全グレード標準装備)

 2007年に2世代前のノア&ヴォクシーが登場するまで、ミニバンのサードシートの収納を左右に跳ね上げて行うのは重く、かなり労力を必要とした。それが2世代前のノア&ヴォクシーでは機械的なアシストが付くようになり、サードシートの収納は飛躍的に楽になった。

 現行ノア&ヴォクシーではサードシートを跳ね上げる際の力がさらに軽くなった。さらに先代モデルまで跳ね上げた後のサードシートのロックがストラップから車体側にカチンとはまれば完了といっそう楽になり、左右のサードシートの収納を一度に行うのもやろうと思えば可能だ。この機能をショールームで見せられたら、「オー」と声を挙げる人も少なくないだろう。

7人乗りユーティリティパッケージは2万2000円分のレスオプション設定となっている。3列目へのアクセスを容易にしている
7人乗りユーティリティパッケージは2万2000円分のレスオプション設定となっている。3列目へのアクセスを容易にしている

●7人乗りユーティリティパッケージ (8人乗り仕様にメーカーオプション、-2万2000円)

 これは8人乗り仕様の2列目3人掛けベンチシートを2人がけベンチシートとし、変則的な7人乗りとする仕様。この仕様はフロアに膝を突いた姿勢で2列目に座った子供の世話ができる、3列目へのアクセスがしやすいというメリットがあり、ユーザーニーズに応え、こういった仕様が設定されているという点にも感心させられる。

ボディ側面にもスイッチがついているのが特徴的なノア/ヴォクシーのパワーバックドア
ボディ側面にもスイッチがついているのが特徴的なノア/ヴォクシーのパワーバックドア

●パワーバックドア(S、S-Zに左右パワースライドドアなどとセットになる「快適便利パッケージHigh」としてメーカーオプション、S-Zハイブリッド2WDで14万8500円)

 パワーバックドアは珍しいものではないが、現行ノア&ヴォクシーでは側面にもスイッチが付いており、大きなバックドアを開けるのに後ずさりすることなく、開閉を途中で止めることも可能だ。ただ、バックドアを閉める際にはスイッチが側面にあるため、つい手動で閉めてしまうと他車のパワーバックドア同様無理に閉めるようになるのでちょっと注意が必要だ。

また、手動となる通常のバックドアにも開閉角度のホールド機能が付いており便利だ。

次ページは : ■走行性能関係ではどうなる?

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ