マイチェンしたタントのキモ、SUV風味特濃「ファンクロス」投入でN-BOX&スペーシアを追撃できたのか!?

マイチェンしたタントのキモ、SUV風味特濃「ファンクロス」投入でN-BOX&スペーシアを追撃できたのか!?

 2022年10月3日にビッグマイチェンを実施して発売されたタント。SUV色を全面に出したウェイク風味のファンクロス投入が何といっても最大の注目点で、すでに同年8月下旬からダイハツディーラーでは受注が始まっていたが、ライバルとなるスペーシアギアの好調さを横目で見ていたダイハツがファンクロスをマイチェンで投入してきたことは明らか。

 そこで、この軽スーパーハイトワゴンカテゴリーのトップ2であるN-BOXとスペーシアを追撃できているのかどうか分析してみた。

本文/渡辺陽一郎、写真/ベストカー編集部、ダイハツ

【画像ギャラリー】マイチェンしたタントを写真でCHECK! ファンクロスが注目の的だ!!(22枚)画像ギャラリー

■ファンクロスはN-BOXとスペーシアを追撃しているか!?

マイチェン前のタント。フロントマスクの地味さが販売面でイマイチ振るわなかった原因とディ^ラーサイドでは見ていたようだ
マイチェン前のタント。フロントマスクの地味さが販売面でイマイチ振るわなかった原因とディ^ラーサイドでは見ていたようだ

 今はクルマの売れゆきが二極分化している。コロナ禍前の2019年の時点でも、1カ月平均で3000台以上を販売する車種はかぎられていた。

 しかも今はクルマの売れゆきが全般的に下がったから、メーカーとしては販売不振の車種は廃止したい。そこで車種の数も減少傾向にあり、売れゆきをさらに下げる悪循環も見られる。

 この流れを食い止めるために行われたのが、多額のコストを費やさずに行える売れ筋車種をベースにした派生モデルの投入だ。ここでは2022年10月3日にSUV風のタントファンクロスが登場した理由と今後の見通しを考えたい。

■派生車種を数多く設定して成功したノートとスペーシア

今回、タントのマイチェンで標準(写真左)とカスタム(写真右)以外に新たに派生モデルとして設定されたのが「ファンクロス」(写真中央)
今回、タントのマイチェンで標準(写真左)とカスタム(写真右)以外に新たに派生モデルとして設定されたのが「ファンクロス」(写真中央)

 派生車種で最もわかりやすいのは、日産ノートシリーズだ。パワーユニットは、ノーマルエンジンを用意しないe-POWER専用にして合理化を図ったが、選択肢は多い。ノーマルタイプのノート、上級のノートオーラ、SUV風のノートオーテッククロスオーバー、スポーツ指向のノートオーラNISMOを用意する。基本部分を共通化した派生車種を多く投入することで、開発コストを抑えてシリーズ全体の売れゆきアップを狙った。

 同様のことが軽乗用車にも当てはまる。今は50%以上が、全高を1700mm以上に設定してスライドドアを備えたスーパーハイトワゴンだ。そこに派生車種を追加すると、売れゆきを効率よく伸ばせる。

 この戦略で成功したのがスズキスペーシアだ。現行スペーシアは2017年の末に発表され、この時点では標準ボディとカスタムを用意した。約1年後の2018年末には、SUV風のスペーシアギアも投入している。小型/普通車では、今はSUVの人気が高く、スペーシアギアも同様のテイストで仕上げた。

 そのためにスペーシアは、2019年に売れゆきを伸ばした。届け出台数は、2018年に比べて約10%増えている。さらに2022年には、日常生活のツールとして使いやすい軽商用バンのスペーシアベースも加えた。

 このようにスペーシアシリーズは、基本部分を共通化しながら、実用的な標準ボディ、スポーティなカスタム、SUV風のギア、商用車のベースをそろえる。ノートと同様のワイドな展開で売れゆきを伸ばす戦略だ。

 この効果で、軽自動車市場におけるスペーシアの販売ランキングは2位になる。人気絶頂のN-BOXにはかなわないが、タントに比べると多い。

 スペーシア人気と相まって、スズキは軽乗用車の売れゆきも好調だ。2022年1~8月の累計届け出台数を見ると、軽自動車全体ではダイハツが1位でスズキは2位だが、軽乗用車にかぎると、順位が入れ替わってスズキが1位になる。つまりダイハツは、軽商用車の売れゆきに支えられ、軽自動車の販売ナンバーワンを保っている。

次ページは : ■現行型タントの販売不振がダイハツ軽の伸び悩みを招いていた?

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ