新型ジムニーにピックアップとカスタム版降誕!!! 「ない」と言わずに出してくれ!!


2018年を盛り上げた車種の代表といえば真っ先にジムニーが挙げられるだろう。20年ぶりとなるモデルチェンジになり、多くのファンのみならず愛らしい姿に女性ファンも増えているという。

一時期3年待ちとまで言われていた納期も若干は落ち着いたものの、依然として多くのバックオーダーを抱えている大人気ぶり。

そんななか2019年東京オートサロンにジムニーのピックアップモデルとカスタムモデルが登場した。スズキがジムニーの車体に手を加えるのは異例のこと。

市販の可能性は? そしてジムニーカスタムの現状に迫ります。

文/写真:ベストカーWeb編集部


■メーカーがジムニーをハードにカスタムしちゃった!!

東京オートサロンに展示されたジムニーとジムニーシエラ。マットシルバーのジムニーは「SURVIVE(=サバイブ、生存する)」と名付けられた。

カスタムの提案として、ウインチバンパーやアウターロールケージ、挙句の果てにハイリフトジャッキまで装備している。オフロードショップのデモカーのようだ。

ジムニー好きにとってはこの程度のカスタムは決して珍しいものではないけれど、メーカーが実際にここまでのカスタムをするのは異例中の異例のこと。

ジムニーのカスタムコンセプト「サバイブ」。「生存」を意味するその言葉から感じられるようにどんな環境下でも生き残れるようなカスタム。メーカーがこれをコンセプトで出してくるのが凄い

細かい部分を見るとルーフにはサンドラダーまで備える(しかも金属製)。「わかってるねぇ~」と往年のオフローダーたちも唸ってしまうようなこだわりがそこかしこに散らばっている。

スズキ車内の相当なジムニストが関わっているに違いない(先代のJB23の頃とはかなり温度感が違うようにも思える)!!

もういっぽうのイエローのジムニーシエラはなんとピックアップ。先代はバンボディしか存在しなかったのだが、新型は登場前からこのようなピックアップボディの存在がささやかれていた。

まさか新型発売から1年も経たないうちにこのようなコンセプトが出るとは驚きである。関係者に聞くと「市販の予定はありません」とのこと。

こちらがシエラのピックアップモデル。もちろんコンセプトモデルで市販の予定はないとのことだが、ここまでの完成度ならぜひぜひ市販してほしい

しかしそこで食い下がっても仕方ないので、現場にいらしたジムニーファンなら知らぬ人はいない二階堂裕氏に詳細を聞いてみた。

■アイデアはドイツから!? そして荷台はキャリイを流用

「ピックアップはドイツのジムニーユーザーに話を聞いて発案したと思うんだよね。意外と知られていないけどドイツでジムニーは狩猟で使われるんですよ。

捉えた獲物を荷台に載せるには臭いの問題があるので車室外がいいですから。

そしてこのピックアップは荷台はキャリイのものを流用してるんだよ。市販の可能性はそこそこあると思いますよ。費用的にもラダーフレームだからそんなに難しい話ではないと思う」。

キャリイの荷台を流用しているピックアップ。耐久性や使い勝手もキャリイなら間違いない!? モノコックボディだとこのようなことは容易にできないが、ラダーフレームなら比較的簡単に製品化できる

二階堂さんの溢れんばかりの知識に思わず聞き入ってしまったが、ドイツの意見を聞いたかもというのはかなりビックリの情報だ。

ジムニーは実用車として進化してきた存在。必要ならばピックアップも用意する、そんな姿勢がかつてのスズキにはあったと二階堂さんは言う。

「そもそもジムニーにはピックアップモデルが昔にもあったんだよ。オーストラリアの牧場からのリクエストで作ったの。もちろん日本では成功したモデルではなかったんだけどね。

かつて存在したジムニーのピックアップトラック。日本での売れ行きはいま一つだったというが、実用車ジムニーとしてはピックアップ化は正しい進化なのかもしれない

けれど”ワークホース”としてのニーズは必ず世界にもあるし、こういうピックアップがコンセプトとして出た以上はファンの後押し次第では出るんじゃないのかな。

トヨタのランクルのピックアップもあれだけ成功したじゃないですか」。

次ページは : ■新型ジムニーのカスタムで気を付けることとは?

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

 外出自粛が続く今、自宅で紙の「ベストカー」本誌を眺めるのもいいものです。本日5月10日発売のベストカー6月10日号、注目企画はトヨタのこの先のパワーユニット戦略を暴くスクープ。水素燃焼エンジンやe-FUELの開発状況にも迫ります。  その…

カタログ