新型ジムニーにピックアップとカスタム版降誕!!! 「ない」と言わずに出してくれ!!

 2018年を盛り上げた車種の代表といえば真っ先にジムニーが挙げられるだろう。20年ぶりとなるモデルチェンジになり、多くのファンのみならず愛らしい姿に女性ファンも増えているという。

 一時期3年待ちとまで言われていた納期も若干は落ち着いたものの、依然として多くのバックオーダーを抱えている大人気ぶり。

 そんななか2019年東京オートサロンにジムニーのピックアップモデルとカスタムモデルが登場した。スズキがジムニーの車体に手を加えるのは異例のこと。

 市販の可能性は? そしてジムニーカスタムの現状に迫ります。

文/写真:ベストカーWeb編集部


■メーカーがジムニーをハードにカスタムしちゃった!!

 東京オートサロンに展示されたジムニーとジムニーシエラ。マットシルバーのジムニーは「SURVIVE(=サバイブ、生存する)」と名付けられた。

 カスタムの提案として、ウインチバンパーやアウターロールケージ、挙句の果てにハイリフトジャッキまで装備している。オフロードショップのデモカーのようだ。

 ジムニー好きにとってはこの程度のカスタムは決して珍しいものではないけれど、メーカーが実際にここまでのカスタムをするのは異例中の異例のこと。

ジムニーのカスタムコンセプト「サバイブ」。「生存」を意味するその言葉から感じられるようにどんな環境下でも生き残れるようなカスタム。メーカーがこれをコンセプトで出してくるのが凄い

 細かい部分を見るとルーフにはサンドラダーまで備える(しかも金属製)。「わかってるねぇ~」と往年のオフローダーたちも唸ってしまうようなこだわりがそこかしこに散らばっている。

 スズキ車内の相当なジムニストが関わっているに違いない(先代のJB23の頃とはかなり温度感が違うようにも思える)!!

 もういっぽうのイエローのジムニーシエラはなんとピックアップ。先代はバンボディしか存在しなかったのだが、新型は登場前からこのようなピックアップボディの存在がささやかれていた。

 まさか新型発売から1年も経たないうちにこのようなコンセプトが出るとは驚きである。関係者に聞くと「市販の予定はありません」とのこと。

こちらがシエラのピックアップモデル。もちろんコンセプトモデルで市販の予定はないとのことだが、ここまでの完成度ならぜひぜひ市販してほしい

 しかしそこで食い下がっても仕方ないので、現場にいらしたジムニーファンなら知らぬ人はいない二階堂裕氏に詳細を聞いてみた。

■アイデアはドイツから!? そして荷台はキャリイを流用

「ピックアップはドイツのジムニーユーザーに話を聞いて発案したと思うんだよね。意外と知られていないけどドイツでジムニーは狩猟で使われるんですよ。

捉えた獲物を荷台に載せるには臭いの問題があるので車室外がいいですから。

そしてこのピックアップは荷台はキャリイのものを流用してるんだよ。市販の可能性はそこそこあると思いますよ。費用的にもラダーフレームだからそんなに難しい話ではないと思う」。

キャリイの荷台を流用しているピックアップ。耐久性や使い勝手もキャリイなら間違いない!? モノコックボディだとこのようなことは容易にできないが、ラダーフレームなら比較的簡単に製品化できる

 二階堂さんの溢れんばかりの知識に思わず聞き入ってしまったが、ドイツの意見を聞いたかもというのはかなりビックリの情報だ。

 ジムニーは実用車として進化してきた存在。必要ならばピックアップも用意する、そんな姿勢がかつてのスズキにはあったと二階堂さんは言う。

「そもそもジムニーにはピックアップモデルが昔にもあったんだよ。オーストラリアの牧場からのリクエストで作ったの。もちろん日本では成功したモデルではなかったんだけどね。

かつて存在したジムニーのピックアップトラック。日本での売れ行きはいま一つだったというが、実用車ジムニーとしてはピックアップ化は正しい進化なのかもしれない

けれど”ワークホース”としてのニーズは必ず世界にもあるし、こういうピックアップがコンセプトとして出た以上はファンの後押し次第では出るんじゃないのかな。

トヨタのランクルのピックアップもあれだけ成功したじゃないですか」。

■新型ジムニーのカスタムで気を付けることとは?

 なんだかすっかりピックアップのジムニーが登場する気になってきたが、あくまでも公式発表は「市販の予定はない」とのことなので落ち着きたい。

 今回新型ジムニーのカスタムコンセプトを見ていて少し気になったことがある。ジムニーのカスタムに気を付けるべきことはないのかということ。引き続き二階堂さんに聞いてみる。

「被害軽減ブレーキのカメラがあるのでリフトアップは30mmくらいまでを目安にしたいね。50mmくらいまではカメラの視野調整で大丈夫とは聞いているけど、あまり無理しないでほしい。

あとはタイヤサイズが195幅でもフレームに当たることなく入ります。この辺は新型になって大きな進化を感じるところだよね」。

新型ジムニーは電子制御などでオフロードが初めてのオーナーでも行動範囲を広げてくれる。ベテランオフローダーのみならず、多くのユーザーに愛されるためにカスタムは進むかもしれない

 自動ブレーキのカメラ位置については登場時からも気になっているオーナーも多かったが、30mmくらいまでなら安全な範囲。ディーラーでカメラ角度の調整をすれば作動に問題がないという。

 とはいえせっかくの安全装備も調整できる範囲には物理的限界があるというので、カスタムの際は気を付けたい。今後のカスタムの方向性はどうだろうか?

「カスタムしてクロカン仕様になるクルマ、あとはジムニー女子のような感じで個性を大きく出すようなカスタムの両極端になりそうだね。

先代も過激なカスタムは中古車がこなれてきてから増えたから。静かで燃費もいいし、ベースがしっかりしているからどのような流れになるか楽しみだね」。

コンセプトモデルにしておくにはもったいない完成度!! スズキさん、期待してますよ!!

 と、いうことでジムニーのカスタムはまだまだ熱を帯びてきそうだ。

 ジムニー好きとしては東京モーターショーあたりで、ピックアップの続編として幌ボディのジムニーにもどうしても期待してしまうがいかに!?

最新号

ベストカー最新号

【スクープ】新型アルファードに新情報|ベストカー 7月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 次期型アルファードが2022年春販売するとの情報を独占入手。本誌スクープ班が掴んだ情報を詳しく紹介する。  そのほか、GRスープラ初試乗スペシャルや新型タントのプロトタイプテストの情報ともに、注目車種の情報…

カタログ