ホンダのトレイルスポーツ、スバルのウィルダネス……、カッコいいオフロード仕様が日本には設定されないワケ

ホンダのトレイルスポーツ、スバルのウィルダネス……、カッコいいオフロード仕様が日本には設定されないワケ

 アメリカでは、メーカー自身がカスタマイズしたハードユース系のオフロード仕様が広い世代で人気を集めている。ホンダからは2列シートのラージSUV、パスポートのオフロード仕様「トレイルスポーツ」、スバルからはアウトバックにラギッドさとワイルドさを加えた「ウィルダネス」などが登場している。

 しかし日本には、こうしたオフロード色の強いグレードは設定されていない。なぜ日米でSUVオフロード系仕様に違いがあるのか、海外事情に詳しい桃田健史氏が考察する。

本文/桃田健史、写真/HONDA、SUBARU

【画像ギャラリー】ラギッドな外観が超魅力的なオフロード仕様、ホンダ「トレイルスポーツ」スバル「ウィルダネス」の写真はこちら!!(31枚)画像ギャラリー

■北米では公式にメーカー自身がオフロード仕様をカスタマイズ

パスポートはホンダの5人乗りSUVとして最大のモデルで、よりSUVらしさを強調したグレードが「トレイルスポーツ」
パスポートはホンダの5人乗りSUVとして最大のモデルで、よりSUVらしさを強調したグレードが「トレイルスポーツ」

 アメリカ・ネバダの荒野のなかを派手に土煙を上げながら快走する、ホンダ「パスポート・トレイルスポーツ」。

 また、コロラドの森林で、深い水たまりをものともせず華麗に走り抜ける、スバル「アウトバック・ウィルダネス」の姿。

 こうしたハードユース系のオフロード仕様がアメリカでは広い世代で人気を博している。

 日本でも最近、マツダ「CX-5」がフィールドジャーニーなど設定するなど、SUVのオフロード系仕様が登場してきているが、マツダにかぎらずこうしたSUV商品のイメージは家族での楽しいキャンプといったところにとどまっている印象がある。

 アメリカでの各モデルのように、メーカーがオフィシャルにリフトアップして、四駆システムの制御まで手を加えるといった本格的なオフロード仕様は日本でまだ登場していない。

■SUVとピックアップトラックでシェアの7割を占めるアメリカ市場

 こうしたSUVオフロード系仕様に対する日米の差は、大きくふたつの視点で捉えることができるのではないだろうか。長らくアメリカ各地を巡る生活をしてきた筆者の見解として、ふたつの視点を深堀りしてみたい。

 第一の理由は、SUV市場の大きさである。

 アメリカでは乗用の領域が、セダンなどの乗用車と、ピックアップとSUVを指すライトトラックに二分されている。

 驚くべきことに、ライトトラックのシェアは乗用領域の7割以上を占めている状況だ。

 ライトトラック市場の変遷を振り返ってみると、1990年代中盤にジープ「グランドチェロキー」やフォード「エクスプローラー」など、アメリカでいうミッドサイズSUVが人気となったことがきっかけだ。

 さらに、フルサイズSUVとしてGMシボレー「タホ/サバーバン」が、企業のエグゼクティブや一般家庭の主婦層までユーザー層を拡大していった。

 2000年代に入ると、ドイツのプレミアム系としてメルセデス・ベンツ「ML」、BMW「X5」、そしてポルシェ「カイエン」が登場して販売を伸ばした。これらに対抗するように、日系ビッグ3(トヨタ・ホンダ・日産)もレクサス・アキュラ・インフィニティを含めてSUVラインナップの拡充を急いだ。

 続く2010年代に入ると、今後はコンパクトSUVへのシフトが加速した。コンパクトといっても、アメリカの場合、日本ではボディサイズが大きめに感じるようなトヨタ「RAV4」、ホンダ「CR-V」などが該当する。

次ページは : ■よりハードなオフロード仕様を求める声に応えて誕生した「ウィルダネス」

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

かつてのABCトリオの一角、スズキカプチーノが復活する! これから5年のうちに登場するスポーツカー情報も満載【ベストカー6月26日号】

かつてのABCトリオの一角、スズキカプチーノが復活する! これから5年のうちに登場するスポーツカー情報も満載【ベストカー6月26日号】

Rebirthスズキカプチーノ! 「注目新車三人が斬る」の人気企画だけでなく、今号は「あぶない刑事」のスペシャルインタビュー、そしてポスターも付属! ベストカー6月26日号