XV改名したけど……せっかくのネームバリュー捨てていいの? 名称変更の功罪

XV改名したけど……せっかくのネームバリュー捨てていいの? 名称変更の功罪

 XVがモデルチェンジを機に、クロストレックに改名。せっかく培ったブランドを捨てていいのか? なんて余計な心配をしてしまったりする。

 今回は、改名で成功した例と失敗した例を挙げ、歴史に学んでみたいと思います。ちなみに、「成功」「失敗」の判定はあくまで国内販売を基準にいたしておりますので、よろしくお願いします。

文/清水草一、写真/TOYOTA、DAIHATSU、SUZUKI、MITSUBISHI、NISSAN、HONDA、SUBARU

■ヴィッツ改名でさらに飛躍!! 成功例4選

●トヨタ ヴィッツ→ヤリス

1999年の登場以来大ヒットし、3代・20年間にわたってトヨタのボトムラインを支えたトヨタ ヴィッツ。2000年のモデルチェンジと同時に名称変更してトヨタ ヤリスとなった
1999年の登場以来大ヒットし、3代・20年間にわたってトヨタのボトムラインを支えたトヨタ ヴィッツ。2000年のモデルチェンジと同時に名称変更してトヨタ ヤリスとなった

 ヴィッツは日本名で、海外ではもともとヤリスだったが、初代ヴィッツは99年の登場以来大ヒットし、3代・20年間にわたって、トヨタのボトムラインを支えた。

 ヤリスは、20年も慣れ親しんだヴィッツというブランド名を捨て、国際名に統一したわけだが、フタを開ければ3代目ヴィッツを超えるヒットになっている。

 そもそもヴィッツユーザーは、「ヴィッツ」という車名にそれほど愛着があったわけではなく、ヤリスという新しい車名に即座に馴染んだ。加えてヤリスは、世界一の燃費を誇るハイブリッドモデルや、超スポーツ志向のGRシリーズをラインナップ。ブランドイメージもかえって上昇したようだ。まさに大成功。

●トヨタ ラッシュ/ダイハツ ビーゴ→トヨタ ライズ/ダイハツ ロッキー

 ともにダイハツが開発を担当する小型SUV。ラッシュ/ビーゴ時代はパッとしなかったが、ライズ/ロッキーになって大ブレイクした。その背景にはSUVブームという超追い風があったが、DNGAの採用によってクルマの質感も大幅に向上。

 国内SUV販売台数のトップを争う大成功となった。もともとラッシュ/ビーゴの車名にはブランド力がほとんどなかったので、旧車名を捨てたのも、若干は追い風になったかも?

●スズキ パレット→スペーシア

 パレットは販売台数でライバルのタントに大敗北を喫したが、スペーシアはタントといい勝負を展開し、年によっては上回るところまで挽回している。スペーシアギアの追加でイメージも向上し、改名は大勝利となった。

 ただこのケースは、パレットがタントに対して室内容積で劣るなど、商品力自体が足りなかった面が大きい。つまり、失敗作の名前を1代限りで捨てただけなんですね。

●三菱 エアトレック→アウトランダー

 エアトレックは地味でパッとしないクルマだったが、アウトランダーになってからぐっと存在感を増し、3代目の現在は「アウトランダーPHEV」が三菱の看板車種に。間違いなく改名の成功例だ。

 ただ、エアトレックの輸出名は「アウトランダー」だった。つまり国内名を海外名に揃えただけではありまする。

次ページは : ■デザインがウケなかった最大の要因か!? 微妙な結果2選

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ