出せば…売れるのに…!! 日産に期待したい新モデル3選

出せば…売れるのに…!! 日産に期待したい新モデル3選

 2022年もあとわずか。2022-2023日本カー・オブ・ザ・イヤーの今年を代表する一台には、日産「サクラ」/三菱「eKクロスEV」が選ばれた。日産の受賞は、昨年のノートシリーズに続く、2年連続。経営危機やトップの不祥事など、苦難が続いた日産だが、こうして現在評価されていることは、クルマファンとしては、うれしいことだ。

 ただ、日産には「出せば売れるのに」というクルマがまだまだたくさんある。来年以降への期待を込めて、日産に期待したい新モデルを3つご紹介したい。

文:立花義人、エムスリープロダクション
写真:NISSAN

絶対売れるはず!! 「キューブキュービック」の後継車

 「キューブキュービック」は、2代目Z11型キューブの派生車種として2003年に設定された3列シート7人乗りモデルだ。ベースとなるキューブから全長とホイールベースを140mm延長し、広い室内空間を実現した。キューブの直線基調で個性的な左右非対称デザインはそのままに、十分なニースペースと広いヘッドルームを確保。後席ドアは開口部を広げ、乗降性が高められた。

 パワートレインは1.4L 直4ガソリンエンジンで当初はFFのみの設定であったが、後に必要な時だけスイッチ操作で後輪をモーターで駆動する「e-4WD」を追加。ホイールベースが延長されているとはいえ全長は3,900mmに収められ、最小回転半径は4.7mと軽自動車並みであり、狭い道路での使い勝手は非常に高かった。

 このキューブキュービックのコンセプトを受け継ぐ、e-POWER車もしくはバッテリーEVを登場させれば、絶対に売れると思うのだが、どうだろうか。ライバルのフリード、シエンタと同様に、後席スライドドア化は必須だが、いま見ても一切古臭さを感じないキューブキュービックのエクステリアならば、サクラやノートなどと同じくハイセンスなインテリアを投入すれば欲しいと思う人は多いはず。廉価なモデルでも、一切手を抜いていない昨今の日産デザインならば、かつてのように国内販売台数トップに躍り出る可能性は高い。いまもっとも熱望したい一台だ。

2003年登場のキューブキュービック。スライドドア化して、e-POWER、もしくはバッテリーEVとなり、日産最新のインテリアを導入すれば、必ず売れる
2003年登場のキューブキュービック。スライドドア化して、e-POWER、もしくはバッテリーEVとなり、日産最新のインテリアを導入すれば、必ず売れる

ブームのいまこそ復活させるとき!! 「ラシーン」の後継車

 「ラシーン」は1994年から2000年まで販売されていた、コンパクトクロスオーバーSUVだ。7代目B13型サニーの4WDをベースに開発され、直線基調のレトロクラシックな外観が魅力のモデルだ。ドラマやアニメにもなった漫画作品「ゆるキャン△」(あfろ著/芳文社)で、主人公のひとりが乗っていたこともあって人気が上昇しており、ラシーンの中古車を取り扱う専門店もあるほど。

 80年代のカクカクしたデザインテイストに、大きくて愛らしい表情をつくり出すヘッドライト、そして雰囲気を盛り上げるグリルガード。リアゲートは上下二段の開閉機構となり、背面タイヤを備えている。パワートレインは当初1.5L 直4ガソリンエンジンのみのラインアップだったが、後に1.8L 直4エンジン、そして2.0Lエンジンを搭載した「フォルザ」グレードなども用意された。

 せっかくブームなのだから、このアイコニックなエクステリアデザインを踏襲し、e-POWER車かバッテリーEVとして復活させてほしい。インテリアは、当時の趣を維持し、水平基調でシンプルながら、よく見ると最新のフル液晶デジタルメーターを投入しているといった姿がよいと思う。時代に即して、車高を上げたハイリフト版の次期型ラシーンも用意してみてもいいだろう。これで大自然に出かければ、「映える」こと間違いない。これほどのデザイン資産があるのに、復活させないのは非常に勿体ない。

1994年に発売されたラシーン。この雰囲気を踏襲しつつ、最新にすれば、人気が出ること間違いないと思うが…
1994年に発売されたラシーン。この雰囲気を踏襲しつつ、最新にすれば、人気が出ること間違いないと思うが…

次ページは : いまこそ再チャレンジを!! 「スカイラインクロスオーバー」の後継車

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

新型MR2の確定情報、入電! ポルシェ911ダカール、クラウン”ランドスケープ”など激アツ車種勢ぞろい【ベストカー8月10日号】

新型MR2の確定情報、入電! ポルシェ911ダカール、クラウン”ランドスケープ”など激アツ車種勢ぞろい【ベストカー8月10日号】

SCOOP班も驚き! MR2とセリカに新情報が続々! SUV選びに悩む人もこの一冊を読めばすべて解決!? 酷暑を吹っ飛ばすほどのニューカー情報盛りだくさんです!