国内ホンダの意地を見せてくれ!! 名門アコード存亡の危機に次期型は日本へ来る? 来ない??

国内ホンダの意地を見せてくれ!! 名門アコード存亡の危機に次期型は日本へ来る? 来ない??

 2021年のホンダ「レジェンド」生産終了によって、再び同社のフラグシップモデルとなった「アコード」。1976年の初代登場以降、120以上の国と地域で販売されてきたアコードは、これまでに2000万台以上が販売されてきた、ホンダを代表する世界戦略車だ。現行型は2020年(日本。北米では2017年発売開始)に登場した10代目。そして11代目となるアコードが2022年11月、北米で発表され、2023年年初にも発売開始となるという。

 新型が登場したのだから当然日本でも発売される…と思いたいところなのだが、近年のアコードの販売台数は、月間平均200台を下回るなど、見るも無残な状況。レジェンド同様にアコードもモデル消滅となるのでは…と危惧されている。

 はたして新型アコードは、無事に日本デビューすることができるのか!?? アコードの今後の展望について考察しよう。

文:吉川賢一
写真:HONDA

70mmも全長を伸ばし、5m弱の大型セダンへと成長してしまった

 2022年11月に北米ホンダが発表した11世代目の新型アコードは、先代アコード(日本市場では現行モデル)と同じく、ファストバックルーフのラインが魅力的なミドルサイズセダンだ。「ミドルクラス」とはいうが、全長は4970(+70)mm、全幅1860(±0)mm、前高1450(±0)mm、ホイールベース2830(±0)mmという立派なボディサイズ(カッコ内は先代アコードに対する差分)。フードを伸ばして5m弱にまで成長した全長や、低いベルトラインとロングノーズ、直線的な造形のフロントグリル、バンパーなどが特徴だが、全長の割に短いホイールベースはバランスが悪くみえる。

 インテリアは、ダッシュボードやインパネ、センターコンソールなどの直線デザインが特徴的で、10.2インチサイズのドライバインフォモニターは標準搭載。12.3インチHDカラータッチスクリーンも採用(標準グレードは7インチ)し、最上級のTouringには、Googleアシスタント、Googleマップ、Google Play機能を含むGoogleがビルトインされている。これといって目新しいアイテムや豪華さは見当たらなく、ギアシフターがシフトノブ式となっているのが気になる(現行アコードはスイッチ式)。

 パワートレインは、1.5L直4のガソリンターボ+CVTか、2.0L直4の2モーター式ハイブリッドだ。どちらも改良されているとはいえ、現行モデルと同じパワートレインのラインアップとなる。

 以上のように、フルモデルチェンジではあるものの、大変更やチャレンジングな変更は行わず、スキンチェンジに近い内容。新型アコードは、毎月2万台以上も売れる主要マーケットである北米市場で、現地の顧客の声を取り入れて、より大きく、よりパワフルに改良したといったところだろう。国内ホンダが、日本仕向けのアコードをどのようにするのかは現時点わからないが、筆者は、国内登場するとすれば、現行アコードと同じく、モノグレードで勝負するのではないだろうか、と予想している。

全長を70mmも伸ばし、4970mmにまで成長してしまった、新型アコード
全長を70mmも伸ばし、4970mmにまで成長してしまった、新型アコード
リアウィンドウの傾斜が強く、ファストバックルーフのラインが特徴的
リアウィンドウの傾斜が強く、ファストバックルーフのラインが特徴的
直線的なデザインを取り込んだ新型アコードのインテリア。メッシュタイプのダッシュボードのデザインは、シビックとも共通となる
直線的なデザインを取り込んだ新型アコードのインテリア。メッシュタイプのダッシュボードのデザインは、シビックとも共通となる

次ページは : 売る気があるのであれば、「自動運転レベル3」の搭載を!!

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ