「古い」ではない!! 「長く愛されていて変える必要なし」だ!! ロングセラーご長寿人気車5選

「古い」ではない!! 「長く愛されていて変える必要なし」だ!! ロングセラーご長寿人気車5選

 新車は納期が長かったり受注が一時停止されていたり、中古車は価格が異様なまでに高騰しているし……クルマが買いづらくなってしまった今日この頃。だったら! 苦労の末にようやく手に入れた1台を長く乗りたいと思わない? 

 そこで選ぶべきクルマはといえばズバリ! 年式が古くても現行モデルと大差ない見た目でハッタリが利くモデルチェンジサイクルが長いクルマだ。じゃあ、どのクルマが該当するのだろうか?ということで、ここでは以下の5台をピックアップ。

文/FK、写真/ダイハツ、トヨタ、日産、ホンダ、マツダ

カローラ アクシオ&フィールダーはいつのまにやら10年選手となったド定番の大衆車

モデルチェンジが大嫌いなクルマ好き必見!! 変わりそうで変わらないご長寿車5選
2017年10月のマイナーチェンジでフロントバンパーやグリルの意匠変更により、スポーティで上質なデザインに磨きをかけ、よりスタイリッシュに進化したカローラ アクシオ

 スタンダードの4セダン、5ドアハッチバックのスポーツ、5ドアワゴンのツーリング、SUVのクロスまで多彩なラインナップを誇り、若者から人気を集める現行のカローラ。

 しかし、ひと昔前のカローラはどちらかといえばオジサンが選ぶ大衆車だった。そんなイメージが今でも残っているカローラも存在する。それが4ドアセダンのアクシオと5ドアワゴンのフィールダーだ。

 2012年5月、日本の道路環境にフィットするコンパクト車として登場した両車。“ビッグスペースコンパクト”をコンセプトに小回りがきくコンパクトなボディに大人4人がゆったり過ごせる快適な室内空間と安心して運転できる広々とした視界を確保しつつ、1.5リッターエンジンの大幅改良と新開発Super CVT-iなどによって走行性能と燃費を向上。発売1カ月後の受注台数も、7000台の月販目標台数に対して約1万5000台と順調な立ち上がりとなった。

 2013年8月にハイブリッド車を追加、2015年3月に1.5リッター新開発エンジンやToyota Safety Sense Cを導入、2017年10月にフロントグリル周りのデザインを変更、2021年9月に安全装備を強化。

 そして、2022年8月の一部改良でもプロジェクター式LEDヘッドランプ、マニュアルエアコン搭載では初となるナノイーX、充電用USB端子(Type-C)が全車標準装備となるなど正常な進化を遂げている。まもなくデビューから11年を迎えるが、リーズナブルな車両価格と相まってそのニーズは衰えそうにない。

次ページは : 唯一無二の軽オープンスポーツカー、コペンは今のうちに買っておけ!

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ