275/70R22.5……乗用車じゃ見たことないサイズ!! 結局バスのタイヤって“何センチ”あるの?

275/70R22.5……乗用車じゃ見たことないサイズ!! 結局バスのタイヤって“何センチ”あるの?

 基本的には普通乗用車よりもデカいクルマが使われるバス。車体サイズの分タイヤも大きく見えるが、バスのタイヤを外径で表すと何センチあるのだろうか?

文・写真(特記以外):中山修一

タイヤの外径は蚊帳の外?

一見して普通乗用車向けよりも径が大きいバス用タイヤ
一見して普通乗用車向けよりも径が大きいバス用タイヤ

 タイヤの大きさを表す際「275/70R22.5」のような、何やら呪文のような数字文字の羅列が使われ、外径で例えるケースは大変少ない。

 この羅列を読み解くと、275=タイヤの幅(mm)、70=偏平率、R=ラジアル構造、22.5=ホイール内側の幅(インチ)となっていて、外径には全くタッチしていない。

 タイヤサイズを示す文字数字の中で、外径(インチ表示)を含めた書式を使うタイプもあるが、最近では割とマイナーな書式らしい。

 どちらかと言えば、外径よりも幅や偏平率・リム径などのほうが機能面に関わってくる要素が大きいため、タイヤサイズを示す基準値からは外径を蚊帳の外に置くのが一般的となっている。

 タイヤの現物をよく見ても外径寸法が書かれていないとなれば、何センチあるのか知らなくて当たり前かも知れない。

 各タイヤメーカーのカタログで製品スペックを見てみると、こちらには外径が併記されている。ただし同じ「275/70R22.5」でも、メーカーやタイヤの種類によって寸法に開きがある。

ワゴン車タイプのタイヤ外径

 最近のバス向け車両を例に、ワゴン車から大型車クラスまで指定されているタイヤの外径を見てみよう。上記の数字文字の羅列から外径を割り出す計算式もあるのだが、ここでは省略する。

 まずはコミュニティバスに多用されるワゴン車だ。バス仕様のトヨタ・ハイエースコミューターでは「195/80R15」が指定されている。これを外径に直すと693mmくらいになる。

ワゴン車を使用した路線バス
ワゴン車を使用した路線バス

 ノーマルな自家用ハイエースも同じタイヤを使うため、バスの中でも普通乗用車に最も近いタイヤを履いたクルマ、ということになる。

マイクロバス・小型路線車のタイヤ外径

 次に、ワゴン車より大きく、車体形状もバス然としてくるマイクロバスはどうだろう。近年のマイクロバスの主流・三菱ふそうローザの場合「205/85R16」を使用する。こちらの外径は751mmくらいだ。

 コミュニティバスと一般路線バス双方でよく見られる小型路線車・日野ポンチョのタイヤは「205/80R17.5」。外径781mmと、マイクロバスよりも大きい。

78cmクラスのタイヤを履いた日野ポンチョ
78cmクラスのタイヤを履いた日野ポンチョ

次ページは : 中型路線車・大型路線車のタイヤ外径

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

三菱デリカにニューモデル、現る!? 未来のための新エンジン。AT対MT対決など、今号もクルマ界の隅々まで網羅します