【中身同じでも外見はこれだけ違う!?】 世界の姉妹車 最強選手権


上のトップ画像は光岡自動車が昨年創業50周年の記念に発表した「ロックスター」と、そのベースとなったマツダ ロードスター。ロックスターのベース車がロードスターだということは割と周知されていると思うのだが、しかしこれだけ外見が違うのもまたお見事。

さて、では以下の7台のクルマたちの姉妹車、つまりプラットフォームを同じくする別メーカーのクルマたちが、お分かりになるだろうか?

・フィアット500X
・ジャガー F-PACE
・ランボルギーニウルス
・ルノートゥインゴ
・アウディQ5
・アウディR8
・プジョー308

外見のギャップが一番激しいクルマたちが「最強姉妹」である。答え合わせをしながら、そのギャップを楽しみながら読み進んでいただければ幸いだ。

※本稿は2019年1月のものです
文:ベストカー編集部/写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2019年2月10日号


■フィアット500X × JEEPレネゲード

フィアット500X

JEEPレネゲード

FFは両車140ps/23.5kgm発生の1.4Lターボを搭載。4WDは500Xが1.4Lターボ、レネゲードは2.4LのNA(自然吸気エンジン)を積む。

■ランドローバーレンジローバーヴェラール × ジャガー F-PACE

ランドローバーレンジローバーヴェラール

ジャガー F-PACE

基本的にエンジンラインナップも共通の2台。だがF-PACEにのみ550ps発生の5L、スーパーチャージドエンジンを積むSVRが用意される。

次ページは : ■ランボルギーニウルス × ポルシェカイエン

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

 外出自粛が続く今、自宅で紙の「ベストカー」本誌を眺めるのもいいものです。本日5月10日発売のベストカー6月10日号、注目企画はトヨタのこの先のパワーユニット戦略を暴くスクープ。水素燃焼エンジンやe-FUELの開発状況にも迫ります。  その…

カタログ