スズキ 新型スイフトスポーツが電動化!? ハイブリッドでも楽しさは健在か?

スズキ 新型スイフトスポーツが電動化!? ハイブリッドでも楽しさは健在か?

 2023年も多くの新型車が登場を予定している。そこで2023年登場予定の新型車の「期待できる部分」と「不安を感じる部分」を岡本幸一郎氏に分析していただいた。新型スズキ スイフトスポーツに感じる期待と不安とは!?

※本稿は2023年1月のものです
文/岡本幸一郎、ベストカー編集部、予想CG/ベストカー編集部、写真/SUZUKI、ベストカー編集部
初出:『ベストカー』2023年2月26日号

■マイルドハイブリッド化は確実! 乗り味はどうなる!?

エクステリアはキープコンセプト(ベストカー編集部が作成した予想CG)
エクステリアはキープコンセプト(ベストカー編集部が作成した予想CG)

 クルマ好きにとってある意味今年の超目玉グルマなのがスイフトスポーツだろう。今では死語と化しているホットハッチと呼ぶにふさわしい気持ちのいい走りと200万円そこそこで買える高コスパが『日本の宝』と言われるゆえんだ。

 10月にデビュー予定の新型は、1.4Lターボエンジンがマイルドハイブリッド化されるのが確実視されているが、これまでどおり気持ちのいい走りは健在なのか?

 新章に突入する新型スイスポに対しては期待しているからこそ、不安も大きくなる!!

■岡本幸一郎の「期待と不安」分析

1.4Lターボはモーターを組み合わせてマイルドハイブリッド化される(ベストカー編集部が作成した予想CG)
1.4Lターボはモーターを組み合わせてマイルドハイブリッド化される(ベストカー編集部が作成した予想CG)

 スイフトからやや遅れて、スイスポも年内に投入されそうだが、「コスパ世界最強」との呼び声の高いスイスポには、ぜひ持ち前のその価値を損なわないよう切に願いたい。

 気になるのは欧州向けにはすでに搭載されていて、日本向けの現行型でも搭載されると噂の絶えなかったマイルドハイブリッドが、ついに採用されそうなことだ。ただし、燃費がよくなる半面、重くなって価格が上がるのは確実。

 スズキのことだからそのあたりは考えてくれるはずだけど、価格はさておき、せっかく1tを切っている車両重量があまり重くなることのないよう願わずにいられない。

 思えば現行型も当初はターボ化に賛否両論だったが、やがて否の声はどんどん薄れていった。新型もマイルドハイブリッド化で、いまでも良好なレスポンスがさらに向上することが期待できる。とにかく走って楽しくなければスイスポじゃないんだから、そこは譲らないでいてほしい。

●NEWスイフトスポーツの内容
・10月登場予想
・デザインはキープコンセプトながら丸みを帯びたものとなる。
・ボディサイズは若干大型化
・パワーユニットは直4、1.4Lガソリンターボ+マイルドハイブリッドとの情報
・正常進化型フルモデルチェンジ

【画像ギャラリー】軽快さや走りの楽しさは新型でどうなる!? 日本の宝・現行型スズキ スイフトスポーツ(22枚)画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

新型MR2の確定情報、入電! ポルシェ911ダカール、クラウン”ランドスケープ”など激アツ車種勢ぞろい【ベストカー8月10日号】

新型MR2の確定情報、入電! ポルシェ911ダカール、クラウン”ランドスケープ”など激アツ車種勢ぞろい【ベストカー8月10日号】

SCOOP班も驚き! MR2とセリカに新情報が続々! SUV選びに悩む人もこの一冊を読めばすべて解決!? 酷暑を吹っ飛ばすほどのニューカー情報盛りだくさんです!