ホンダ英国工場閉鎖の意外な波紋!!「タイプR」が中国産になってどう変わる??

ブレグジットで揺れる英国。様々な企業が英国から脱出して周辺のEU加盟国に移動している。そんななかホンダが英国工場の閉鎖を発表した。

となると、気になるのは現在、英国工場で生産されているシビックの行方。いま日本で売られているシビックは、ハッチバックと同車をベースとしたスポーツモデル「タイプR」が英国製。セダンだけが日本の寄居工場製だ。特にタイプRは歴代モデルの多くが英国で生産されてきた。メイン写真のタイプRユーロも車名が示すとおり、英国工場製。走りを売りとするタイプRの乗り味は、生産国の変更で変わってしまうのだろうか?

文:松田秀士、ベストカーWeb編集部
写真:編集部、Honda


最新号

ベストカー最新号

次期シビックタイプRはハイブリッド化へ! 特集・ホンダ新車戦略|ベストカー11月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、ホンダ近未来戦略の最新情報をお届け。  そのほか、新型MX-30、エクリプスクロスPHEV、新型レヴォーグ、新型ルーテシアなど注目車種の情報から、「予算別&目的別ベストカー選び」「新型BRZ一部…

カタログ