平成の日産スカイラインGT-R! 伝説のエンジニアが語る開発秘話

 R31型登場時の不評、それを受けてのR32型の開発、そしてそのなかで起きていた櫻井眞一郎氏から伊藤修令氏への開発主管責任者の交代…といった出来事を間近で見つめ、R33型・R34型の開発では開発主管として携わった渡邉衡三氏。

 平成GT-Rの生き字引と言っても過言ではない氏に、今だからこそ話せる開発秘話を聞く。

渡邉衡三(わたなべこうぞう)……1942年9月24日生まれ。東京大学工学部 大学院修士課程修了後、日産自動車入社。プリンス事業部第1車両設計部に配属となり、櫻井眞一郎氏の元でC10スカイライン、R381、R382などのサスペンション設計を担当。R32スカイラインでは実験主担、R33、R34ではチーフエンジニアを務める

※本稿は2019年2月のものです
文:ベストカー編集部/写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2019年3月10日号


最新号

ベストカー最新号

次期シビックタイプRはハイブリッド化へ! 特集・ホンダ新車戦略|ベストカー11月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、ホンダ近未来戦略の最新情報をお届け。  そのほか、新型MX-30、エクリプスクロスPHEV、新型レヴォーグ、新型ルーテシアなど注目車種の情報から、「予算別&目的別ベストカー選び」「新型BRZ一部…

カタログ