【秀逸デザインSUVvsコンパクト7人乗り】なんで日本で出さない??? スズキ・ダイハツの海外専売車 8選

 日本では軽自動車のイメージが強いダイハツとスズキ。だが海外に目を転じると、より大型のモデルが作られ販売されている。

 今回は東南アジアやインドで走る現行車の一部をチョイス。ご覧ください、どれも出来がよく格好いい。スズキとダイハツ、海外モデルの魅力度では甲乙つけがたし。日本には来ないのかしら?

※本稿は2019年2月のものです
文:ベストカー編集部/写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2019年3月10日号


■ハッとするデザインが多い、スズキのモデルたち

 スズキからはインド「マルチ・スズキ社」と、インドネシア「スズキ・インドモービル・モーター社」製造のモデルを紹介。注目は1月23日に登場したばかりのワゴンR。全長3655×全幅1620mmというサイズ感がグッド。

●スズキ ワゴンR

 これ、日本にも! と瞬時に感じたモデル。インド製3代目ワゴンRは初のAセグ専用ボディからなるクルマ。1L&1.2Lを搭載。

●スズキ ビターラ ブレッツァ

 スポーティで力強いスタイルの都市型コンパクトSUV。1.3Lディーゼル搭載でスマホ連携ディスプレイも備わる。

●スズキ エルティガ

 世界70カ国以上で売られる7人乗りミニバンの2代目。新プラットフォーム採用のフォルムが格好いい。

●スズキ ディザイア

 スイフトと共通プラットフォームのセダン。軽量・高剛性だ。インドで大人気の主力モデルのひとつ。中近東でも人気。

■ダイハツ粒ぞろいの7人乗りコンパクトSUVたち

 インドネシアとマレーシアで販売するダイハツからのオススメは、まず約1年前に登場したシリオン。ワイド&ローで日本では見ないスタイルだ。さらに今年1月15日に販売開始されたアルズ。インドネシアで発売中のテリオスベースのマレーシア版。

●ダイハツ シリオン

 全長3895×全幅1735mmというスタイリッシュなハッチバック。プラットフォームの改良で室内が広くなり操安性も向上。次世代向け1.3Lエンジン搭載。

●ダイハツ アルズ

 下のテリオスをベースに、マレーシア向けに新登場。ワイルド感が増し、安全性能の“スマアシ”も備わる。

●ダイハツ テリオス

 本格7人乗りコンパクトSUV。高い走破性、操安性や乗り心地など、1クラス上の質感がウリだ。

●ダイハツ シグラ

 Aセグプラットフォームで7人乗り。「3列目、狭いかな?」という感じだが、アセアン諸国でヒット中のモデル。

最新号

ベストカー最新号

平成最後の日本自動車大賞|ベストカー 5月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 4月1日に元号が「令和」に決定し、いよいよ平成も残りわずかとなる。そこで、最新号では平成最後の日本自動車大賞を決定。  このほか、デビュー直後の日産デイズ&三菱など注目新車の情報も盛りだくさんの内容でお送り…

カタログ