さらば名門カムリ!! 世界中で売れているのになぜ日本ではダメなの…現行カムリの利点とセダン文化の終焉

さらば名門カムリ!! 世界中で売れているのになぜ日本ではダメなの…現行カムリの利点とセダン文化の終焉

 トヨタの代表的なセダン「カムリ」が2023年12月をもって国内販売終了となるという。40年以上にもわたって販売され続けてきたセダンの名門カムリの国内販売終了については、残念と思うのと同時に、「とうとうその時がきたか…」と感じた人も多かったのではないだろうか。

 ただカムリは、国内での販売が終了となるだけであって、海外では販売が継続される。カムリは、北米や中国ではとても人気があり、トヨタ広報によると、2022年は日本含むグローバルで約60万台も売れているという。ただ、自販連のデータによると、2022年の日本国内でのカムリの登録台数は5750台と、国内販売はグローバル販売のわずか1%ほどしかない。

 これでは国内販売が終了となるのも仕方のないところ。海外では売れているのに日本では売れないのは、カムリ自体はいいモデルであるのに、日本では「セダン」というだけで売れないからであろう。現行カムリのいいところを振り返りながら、国内セダンの現状と今後についても考察しよう。

文:立花義人、エムスリープロダクション
写真:TOYOTA

歴代どのカムリよりも上品でスタイリッシュ、まさに「セダンらしいセダン」

 カムリの歴史は、1980年に「セリカ カムリ」として登場したところから始まる。セリカの4ドアセダン版として登場し、若々しいスタイリングや4輪独立サスペンションの採用によって「スポーティセダン」の個性がしっかり反映されていたモデルだ。

 モデルチェンジのたびにボディサイズの拡大や高級化が実施され、一時は5ナンバーサイズ維持のために日本専用モデルが設定されるなど紆余曲折を経ながら、2017年に10代目となる現行モデルが登場。すっかりグローバルモデルとして成長した現行モデルは、TNGAプラットフォーム採用による低重心なスタイリングによって、エモーショナルでスポーティなフォルムが生み出され、歴代のどのカムリよりもスタイリッシュ。スリムなアッパーグリルと立体的で大胆な造形のロアグリルを対比させていることで、ワイドなスタンスが強調され、上質感とともに存在感も演出。FF最上級セダンとしての貫録がたっぷりだ。

 インテリアは、部品の小型化やレイアウトの見直しでインパネの厚みを抑え、スポーティで広がりのある空間を実現。ナビゲーションとヒーターコントロールパネルが一体となったセンタークラスターパネルには、フラッシュサーフェスデザインを採用し、斬新かつ先進性の感じられる仕上がりだ。継ぎ目のない金属調加飾、宝石のタイガーアイをイメージしたパネルなど、細部に見せるこだわりも上品だ。

1980年登場の初代カムリ(セリカ カムリ)。ボディサイズは4650×1690×1370(全長×全幅×全高[mm])。4輪独立サスペンションで後輪駆動のスポーティセダンだった
1980年登場の初代カムリ(セリカ カムリ)。ボディサイズは4650×1690×1370(全長×全幅×全高[mm])。4輪独立サスペンションで後輪駆動のスポーティセダンだった

次ページは : カムリの魅力は、セダンだからこそ味わえるもの

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

トヨタの韋駄天が覚醒する! 6代目NEWスターレットのSCOOP情報をはじめ、BC的らしく高級車を大解剖。さらに日産・ホンダの協業分析、そして日向坂46の富田鈴花さんがベストカーに登場! 新社会人もベテランビジネスマンまで、誰もが楽しめるベストカー5月10日号、好評発売中!