【志は高かった! しかし…】 かわいそうなクルマ辞典 「狙い」がかわいそう編

 クルマたちは「乗ってほしい」という志を持って世に送り出される。が、悲しいかな、開発の狙いや販売戦略がうまくいかない場合もある。たいていは販売不振に陥り、短命に終わる結果に……。

  その不遇さゆえに、「ざんねん、惜しいなぁ」のひとつ上いく「かわいそう」という思いを抱かずにはいられないクルマたちを、国産旧車をメインに取りあげていく。今回は「狙いがかわいそう編」。

 最初に言っておこう。決してキミたち(クルマ)が悪いわけじゃない。時流や時代背景、メーカーの戦略が、やや、ズレちゃっただけなんだよ……と。

※本稿は2019年2月のものです。各かわいそう度は「10」が最高点
文:伊達軍曹(文末の★印は編集部担当)
初出:『ベストカー』 2019年3月26日号


■13年の放置プレイの末に トヨタ アイシス

 2004年から2017年までの13年間、さすがに少々のマイナーチェンジは受けたものの「一度もフルモデルチェンジされない」という放置プレイを受けてしまった、かわいそうなミニバン。

個性的な乗用ミニバンだったけど、一度もフルチェンジなしはかわいそうです

 左側センターピラーレス・スライドドアで乗り降りが快適などいい持ち味もあったが、古びたシャシーを身にまとったまま、2017年12月に絶版。なんともかわいそう……。

[(´;ω;`)かわいそう度]★★★★★★★★★☆

■タイヤ、重くないですか? 日産 パルサールキノS-RV

 今でこそ背面タイヤのモデルは希少価値が高いが、RVブームが巻き起こった1990年代は“背面タイヤCAR”が人気者。まさに勝ち組だった。

 そんな背景のなか、コンパクトカーに無理やり背面タイヤを背負わされた感が漂うのが、このパルサールキノS-RV。タイヤ、重くないですか(湘南美容外科か)。

取って付けた感じのタイヤでかわいそう……

 オバフェンも付けて3ナンバーボディとなり、風格あるRV仕立てにしたいのはわかるが、背面タイヤがないほうがスッキリしていたかも。しかし、ベース車のエンジンが 1.5Lに対して、こちらは2L。ここは威張れる部分です(編)。

[(´;ω;`)かわいそう度]★★★★★★☆☆☆☆

■ ユーザーにその狙いを伝え切れなかった…… 3代目ホンダ ステップワゴン

 「ミニバンユーザーにとって本当の使い勝手のよさとは何か?」を真剣に考えた結果、車内空間は2代目とほぼ同様の広さをキープしながら、ボディサイズはやや小さめに抑えたのがこの3代目。

サイドのキャラクターライン、担当、個人的に好きです

 全幅は1695mmと同じながら、全長は2代目4670mmに対して3代目は4640mm。全高は2代目1845mmに対して3代目は1770mmと、見た目どおり数字的にも小さい。

 その小さめにしたことがユーザーにウケると思ったらまったくウケず、逆に「狭そう」「なんだか弱そう」ということで圧倒的不人気車に。

 しかも開発陣も「いやあ、失敗だったねえ」と思ったのか、2009年に登場した4代目は全長4690mm、全高1815mm(FF)と、5ナンバーサイズながら再び巨大化。全長に至っては2代目よりも大きくなってしまった。

 開発の狙いに翻弄された1台。

[(´;ω;`)かわいそう度]★★★★★★★★☆☆

■ 「スカイライン」の冠欲しさに…… 日産 スカイラインクロスオーバー

 2009年、グローバル市場向けのクロスオーバーSUV「インフィニティEX35」を日本導入するにあたり、日産はどうしても「スカイライン」の冠を付けたかった。

 その結果、本来は若めの年齢層がターゲットとなるはずのクロスオーバーSUVに、今や高齢者専用ブランドとなった「スカイライン」という冠を無理やり付けることに。だが当然、狙いがちぐはぐゆえぜんぜん売れなかった。

 結局2016年、日本ではあえなく販売終了。しかしながらその後、アメリカでは(このモデルのベースである)EX35がインフィニティQX50にあらためられ(2014年)、現在もすくすくと世界販売を重ねている現状を見るにつけ、このモデルの不遇さが際立つ。

[(´;ω;`)かわいそう度]★★★★★★★☆☆☆

■フィットの噛ませ犬だったのか ホンダ キャパ

 広さをアピールした名前「キャパ」(キャパシティ=容量の略)。1998年に乾坤一擲モデルとして登場。CMもバンバン打たれたが、設定価格がやや高めということもあり、2002年に1代限りで絶版になってしまった。

 今思えば、2001年に誕生し、その後ホンダを支える大ヒットコンパクトカーとなったフィットの“噛ませ犬的役割”だったのかもしれない。そんな役割のキャパがとってもかわいそう。(編)

[(´;ω;`)かわいそう度]★★★★★★☆☆☆☆

■SAIの登場で存在意義なし!? レクサス HS250h

 ハイブリッド専用のミドルサイズセダンとして2009年7月に新登場。個性的なセンターコンソールデザインなど、見るべき部分もあった。だが直後にそれのトヨタ版「SAI」が出たため、「しょぼいレクサスを買うぐらいならトヨタのSAIで充分じゃん?」という世間の風潮となり、存在意義がほぼゼロに。

今振り返ると手頃なサイズのセダンでしたね

 さらに、日本では人気がない“ミドルサイズセダン”というジャンルゆえあまり宣伝もされないまま、結局は絶版に。かわいそう……。

[(´;ω;`)かわいそう度]★★★★★★★☆☆☆

最新号

ベストカー最新号

【次期フェアレディZ誕生へ】日本車 2020年期待の星|ベストカー12月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、伝統のある日本車のビックネームであるフェアレディZとパジェロの次期型情報をお届け。ベストカースクープ班が独占入手した情報を詳しく紹介する。   そのほか、日本車2020年期待の星、GR SPO…

カタログ