新型クラウンスポーツ課題は内装にあり? 輸入プレミアムSUVに勝つには価格と走りで勝負か

新型クラウンスポーツ課題は内装にあり? 輸入プレミアムSUVに勝つには価格と走りで勝負か

 今秋に正式発表される「新型クラウンスポーツ」は、欧州プレミアムSUVと互角に張り合えるのか、プロトタイプに試乗した筆者が考察していく。そして、試乗会で実感したクラウンスポーツの魅力や、今後の発展についても解説。

文/吉川賢一、写真/TOYOTA、撮影/池之平昌信

■かっこよすぎる!! 新型クラウンスポーツプロトタイプ登場!   

新型クラウンスポーツは、2023年秋に発売開始される。同モデルに搭載予定のPHEVモデルは同年冬頃を予定(全長4710mm×全幅1880mm×全高1560mm)
新型クラウンスポーツは、2023年秋に発売開始される。同モデルに搭載予定のPHEVモデルは同年冬頃を予定(全長4710mm×全幅1880mm×全高1560mm)

 2023年4月某日に開催された、新型クラウンスポーツのプロトタイプカーのプチ試乗会。

 幸運にも筆者も参加させていただくことができたが、まだまだ開発途中ということもあり、すべての性能について味わうことはできなかったものの、新型クラウンスポーツの実力の片鱗は実感することができた。

 正式発表は今秋とのことで、全貌がつかめるまではまだ少し時間のかかる新型クラウンスポーツ。

 今回はプチ試乗会で感じた新型クラウンスポーツの魅力を深堀りしつつ、はたして新型クラウンスポーツは、欧州プレミアムSUVたちと互角に張り合えるのか!?? という点についても考察しよう。

■リアデザインの秀逸ぶりにはうっとり! レッドの差し色が映える内装も魅力!! 

エクステリアデザインの最大の魅力は、テールランプを中心としたリアデザインだ。クラウンクロスオーバーより全幅40mmが広くし、重厚感のあるデザインとなっている
エクステリアデザインの最大の魅力は、テールランプを中心としたリアデザインだ。クラウンクロスオーバーより全幅40mmが広くし、重厚感のあるデザインとなっている

 新型クラウンスポーツのエクステリアデザインは、ハンマーヘッドデザインに仕込まれた上下2本のLEDヘッドライトによって、クロスオーバーよりも眼光鋭い印象。

 サイドビューも、後輪を80mm前進させたことで、特にリアフェンダーあたりの形状が、クロスオーバーよりも力強い印象になった。

 ただ、新型クラウンスポーツエクステリアデザインの最大の魅力は、やはりテールランプを中心としたリアデザインだろう。

 クラウンクロスオーバーよりも全幅を40mmワイドにし、クロスオーバー(225/45R21)よりも幅広大径(235/45R21)になった大径ワイドタイヤの採用によって大きく盛り上がった筋肉質なリアフェンダーや、横長のテールランプ、左右のエアアウトレット風の縦スリッド。

 そしてブラックアウトしたリアアンダーディフューザーなど、実物は写真よりも遥かにカッコいい。

 インテリアに関しては、基本的にはクラウンクロスオーバーと同じだが、試乗車のインテリアには、艶消しレッドのトリムパーツが施されており、これによって色気と艶やかさがクロスオーバーよりもぐっと増していた。

 クラウンクロスオーバーのインテリアについては、筆者も「艶やかさが足りないのでは」など、いろいろいわせていただいていたのだが、色味でこれほど変わるものなのかと驚いた。

 これならば、500万円前後になるであろう価格帯に見合った内装といえるのではないだろうか。

 筆者同様に、クラウンクロスオーバーのインテリアの質感が気になっていた人も、このインテリアなら満足できる、という人はいると思う。

次ページは : ■走りも良し!! チョイ乗りでもポテンシャルの高さを感じることができた! 

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

新型MR2の確定情報、入電! ポルシェ911ダカール、クラウン”ランドスケープ”など激アツ車種勢ぞろい【ベストカー8月10日号】

新型MR2の確定情報、入電! ポルシェ911ダカール、クラウン”ランドスケープ”など激アツ車種勢ぞろい【ベストカー8月10日号】

SCOOP班も驚き! MR2とセリカに新情報が続々! SUV選びに悩む人もこの一冊を読めばすべて解決!? 酷暑を吹っ飛ばすほどのニューカー情報盛りだくさんです!