おじさんだから言いたい! クルマの三角窓を復活させたらエコでいいんじゃないの?

■フィットやトールのはめ殺しガラスは三角窓にならないか?

トヨタ ヴォクシー。一番前方にある三角窓は開けないのだろうか?
トヨタ ヴォクシー。一番前方にある三角窓は開けないのだろうか?

 とはいえそれから50年が経ち、復古調のクルマが人気を博す時代となった。環境面でも省エネが喜ばれる時代だから、エアコンに頼らず外気を取り入れる三角窓というのは支持を集めそうな気がする。復活の可能性はないのだろうか。

 ネックとなってくるのは、コストと空力だろう。本来不要な部分にA’ピラーを追加し、ガラスを分割させて開閉機構を持たせるのは結構なコストがかかる。場合によってはドアミラーの形状や取り付け位置も変更が必要となるかもしれない。

 加えて窓を開けて外気を取り込むことは空力特性を大幅に悪化させるから、燃費にナーバスな近頃のクルマにはデメリットともなりかねない。これらを超えて余りある魅力があるかどうかが、三角窓復活のカギとなるはずだ。

 ならばこういうのはどうか。ホンダ フィットやダイハツ トールなど、ドアガラスの前方にはめ殺しのガラスが付いているクルマ。あの部分を開閉式にすることは難しいだろうか? 本来は視界確保のためだと思うが、すでに付いているものをアレンジするだけならコストも抑えられるに違いない。

 最近のハイトワゴン軽自動車も同種のタイプが多いから、適用できるクルマは結構多いはず。自動車メーカーの皆さん、ご一考いただけないでしょうか!

【画像ギャラリー】レトロな雰囲気がいい感じ! 三角窓を持つクルマたち(13枚)画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

三菱デリカにニューモデル、現る!? 未来のための新エンジン。AT対MT対決など、今号もクルマ界の隅々まで網羅します