おじさんだから言いたい! クルマの三角窓を復活させたらエコでいいんじゃないの?

おじさんだから言いたい! クルマの三角窓を復活させたらエコでいいんじゃないの?

 1950~60年代のクルマに必ず付いていたのが、前席サイドウインドウの三角窓。くるんと回すと気持ちよく外の風が入ってきて、エアコンのない時代には非常に助かる装備だった。エコが叫ばれる今の時代、三角窓は復活してもいいんじゃないか。その可能性を考えてみた!

文/ベストカーWeb編集部、写真/トヨタ、日産自動車、三菱自動車、スバル、いすゞ、ポルシェ、フォルクスワーゲン、Adobestock(トビラ写真=Josiah.S@Adobestock)

■三角窓を発明したのはアメリカ車

1950年代のキャデラック・クーペ・ドゥ・ヴィル。三角窓じゃなくて四角窓だ。それにしてもこの優雅さはなんだ(harlequin9@Adobestock)
1950年代のキャデラック・クーペ・ドゥ・ヴィル。三角窓じゃなくて四角窓だ。それにしてもこの優雅さはなんだ(harlequin9@Adobestock)

 スバル360、ハコスカ、3代目クラウン、初代パジェロ。これらに共通している装備といえば、サイドウインドウの三角窓だ。

 ただの三角形のガラス窓じゃない。上部と底辺を軸に回転させることが可能で、外気を取り入れることができた。しかも開き具合によって風量調整まで可能。当時のクルマは、エアコンはもちろん送風・換気という機能すら十分ではなかったから、この三角窓の存在は絶大だったのだ。

 エアコンやらオートマやら、自動車のらくちん装備の多くはアメリカが生み出したが、三角窓の源流もアメリカ車のようだ。1930年代のGMが前席サイドウインドウに独立した小窓を設け、換気に役立てたという記述がWikipediaにもある。

 当時のアメリカ車はフロントウインドウがサイドに回り込み、Aピラーは上側が前のめりになるというフリーダムな造形が多かったから、三角窓も三角ではなくて四角に近い形だったようだ。

■きちんとしたベンチレーションの発達で三角窓が絶滅

1969年の日産スカイライン 4ドアGT-R。この次の「ケンメリ」スカイラインから三角窓は姿を消した
1969年の日産スカイライン 4ドアGT-R。この次の「ケンメリ」スカイラインから三角窓は姿を消した

 非常に有用な三角窓だったが、1960年代の終わりころから急速に姿を消していく。たとえば1969年に誕生したフェアレディZは最初から三角窓を備えていないし、クラウンは1971年にデビューした4代目(通称クジラ)、スカイラインは1972年に登場したケンメリで、三角窓を廃止している。

 なんで三角窓はなくなったのか。コストや安全面(はみ出した箇所が歩行者のダメージとなり得る)など、理由はいろいろあるのだが、エンジンの排熱を利用したヒーターの研究が進み、きちんとした配管構造を持つ強制送風式のベンチレーションシステムが普及しはじめたことが最大の原因だろう。

ベンチレーションシステムを備えたクルマは当然、三角窓が不要になるわけだが、その姿は当時のクルマ好きにとってものすごくモダンに見えた。その結果三角窓は見た目的にも旧世代の遺物と化し、一挙に陳腐化が進んだと思われる。

次ページは : ■フィットやトールのはめ殺しガラスは三角窓にならないか?

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

トヨタセリカ復活計画、始動!? 新型ホンダフリードの獲れたて新情報も盛りだくさん!【ベストカー6月10日号】

トヨタセリカ復活計画、始動!? 新型ホンダフリードの獲れたて新情報も盛りだくさん!【ベストカー6月10日号】

トヨタ自動車の壮大なるBIGネーム復活計画の第四弾は……なんとトヨタセリカ!? 新型ホンダフリードの注目情報や、レーシングドライバー岩佐歩夢選手の新旧ホンダスポーツカー試乗など、GW明けから全力投球な企画だらけです!