【トヨタ2000GT、スカイライン…】最後の昭和ランキング クーペ&オープン編


 平成が終わろうとしている今、あえて魅力的モデルが多い昭和のクルマたちを4つのカテゴリーに分けて再評価する、題して「最後の昭和ランキング」。今回は「クーペ&オープン編」である。

 評価基準は「そのクルマが登場した時、いかに一般ユーザーやクルマ好きをときめかせたか」「その時代のエポックメイキング的クルマだったか」。 

 現在とは違って、各社から多数ラインナップされていたのがこのクーペとオープンカーのカテゴリー。

 厳選した25台には、トヨタスポーツ800、初代フェアレディZ、初代117クーペに初代CR-Xなど、読者の皆さんが青春を謳歌したであろうクーペが勢揃い。スポーツモデルは2車に超厳選し、4氏に評価してもらった。

※本稿は2019年3月のものです
文:御堀 直嗣、石川 真禧照、片岡英明、国沢光宏/写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2019年4月26日号


■1位はトヨタ2000GT! しかし、いずれ劣らぬ昭和を彩った名車たちばかり

 ランキング結果は下表のとおりだが、1位はトヨタ2000GT。強かった。僅差で2位以下となったモデルたちも魅力溢れる名車ばかりだ。

名前横の数字は昭和●●年を表す

●1位 トヨタ 2000GT(昭和42年/1967年)

トヨタ 200GT

 魅力あふれる25車種のなかからトップに輝いたのはトヨタ2000GT。石川氏と御堀氏が1位に選出。この流麗デザインで最高出力150㎰、世界を陶酔させるには充分だった日本を代表するスポーツモデルの一台だ。

●2位 マツダ 初代サバンナRX-7(昭和53年/1978年)

 僅差で2位のRX-7。ロータリーエンジン(NA)搭載で、MCでターボが追加された。

●3位 トヨタスポーツ800(昭和40年/1965年)

“ヨタハチ”で親しまれたモデル。最高出力45㎰だが、走りの楽しさは折り紙付きだ。

●3位 日産初代フェアレディZ(昭和44年/1969年)

 軽量なモノコックボディで最速210km/hモデルも。速い&格好いいで、北米でも大人気。

●5位 日産スカイライン2000GT-R(昭和45年/1970年)

 愛称“ハコスカ”。写真の2ドアハードトップのほかに4ドアセダンなども。格好よすぎか

■コスモ、初代Z、2000GTと、40年代車が上位。やはり当時のユーザーをときめかせたということでしょうか?

(TEXT:片岡英明)

 昭和40年代は、日本の自動車メーカーが自動車先進国である欧米に追いつき、追い越そうと頑張っていた時期だ。

 40年代になるのを前に名神高速道路が全通し、その数年後には東名高速道路も部分開通している。100km/hクルージングが可能になったが、そのためには高性能であることが要求された。

衝撃のスタイリング。42年生まれのコスモスポーツは全体で6位。片岡氏は1位に選出

 この目標に向かってエンジニアは情熱を傾け、わずか数年で最高速度200km/hをマークする高性能スポーツモデルを完成させている。

 そういう時代背景があるなか、コスモスポーツを1位としたのは世界で最初の2ローターロータリーエンジン搭載車だったからだ。試行錯誤を重ね、苦労の末に完成させた。日本が世界に誇る快挙だから1位に推した。

 2位は北米市場を席巻し、メイド・イン・ジャパンの優秀性を世界に知らしめたダットサン240Z(フェアレディZ)である。

日産フェアレディZ

 このクルマが登場するまで、日本車のイメージはあまりよくなかった。売れるのは安いクルマばかりだったのだ。が、Zの登場によって日本車の印象はグッとよくなり、今につながる躍進の起爆剤となっている。

 トヨタ2000GTも外国のクルマ好きを驚かせるのに充分な実力の持ち主だった。

次ページは : ■ハコスカ、初代Z、5代目シルビア……個人評価で日産勢が上位を占めた理由は?

最新号

ベストカー最新号

日産が前へ動き出す! 日産スクープ総力特集!|ベストカー 7月10日号

本日、ベストカー7月10日号発売!!日産伝統のスポーツモデルの最新情報、セダン特集などをお届け。さらにランクル300の生写真も独占入手!!

カタログ