なぜ売れない?? 地味だけど実力派ホンダ車 3選

 ホンダのステーションワゴン、シャトルが5月10日にマイナーチェンジされる。

 シャトルは、今では希少となった5ナンバーワゴン。地味ながら実は2018年に約2万9000台を販売しており、年間販売台数でも32位にランクインしている。

 ちなみに、N-BOXは2019年3月の単月だけで2万5833台を販売。この台数には遠く及ばないが、それでもホンダ車にはシャトルを含めて「地味だけど頑張っている車」が少なくない。

 そこで、本記事記事ではシャトルに加えてグレイス、ジェイドの魅力を探りながら、拡販のためのテコ入れ策も考察したい。

文:永田恵一/写真:編集部


「希少で広い5ナンバーワゴン」シャトル

シャトル(2015年発売)/全長×全幅×全高:4400×1695×1545mm、2019年3月販売台数:2193台、価格:231万120円(ハイブリッドX ホンダセンシング)

 2015年登場のシャトルは、「エアウェイブ」(2005年発売)から始まった歴代フィットベースの5ナンバーサイズのステーションワゴン。2011年登場の「フィットシャトル」を経て、現在のシャトルが実質的な3代目モデルとなる。

 最大の魅力は、センタータンクレイアウトのフィットをベースとするだけに、キャビンとラゲッジスペースが広大なことである。

 キャビンはフィットと同様にコンパクトカーの車体ながらミドルクラス以上の足元空間を確保しているうえ、頭上空間も十二分で、大人4人が快適に過ごせる。

 ラゲッジスペースも570Lとミドルクラスステーションワゴン以上の容量を備えており、大きな荷物を持った大人4人での移動の際にも、お土産まで余裕を持って飲み込んでくれる。

 さらに地上からバックドア開口部までの高さも53cmと非常に低く、荷物が積みやすいのも有難い。

 また、大きな荷物を運びたい時にはリアシートがフラットに収納できるのに加え、フィット同様にリアシートの座面を跳ね上げられる機能もあるので、観葉植物のような高さのあるものを運ぶことも可能だ。

センタータンクレイアウト採用車とあって、2列目の床面は低く、高さのある荷物も積めるシャトルの室内

 パワートレーンは、CVTと組み合わされる1.5Lガソリンと、DCTを使う1.5Lハイブリッドの2つ。2018年の販売比率ではハイブリッドが80%以上を占めているが、ここで注目したいのはガソリン車だ。

 というのもシャトルの1.5Lエンジンは、フィット RSと共通のため最高出力は132馬力と、同じ1.5Lのマツダ ロードスターと同数値で、地味なクルマながらなかなかパワフルな余裕ある走りが楽しめる。

 緊急自動ブレーキも、全グレードに30km/h以上の速度域で作動する先行車追従型のクルーズコントロールも含まれるホンダセンシングが標準装備され、申し分ない。

 それでいて「G」グレードのみとなる1.5Lガソリン車の価格はFFで177万120円、LEDヘッドライトなどの「今から新車を買うなら欲しい装備」を付けてもカーナビを除いて200万円程度と、内容を考えれば非常にリーズナブルではないだろうか。

 5月のマイナーチェンジは、内外装の変更が中心になるようだが、ライバルはカローラフィールダーだけになった5ナンバーステーションワゴン市場で、マイナーチェンジを期に一層頑張って欲しいところだ。

「2列仕様で本来の魅力発揮した」ジェイド

ジェイド(2015年発売)/全長×全幅×全高:4660×1775×1540mm、2019年3月販売台数:425台、価格:255万8520円(RS ホンダセンシング)

 ジェイドはミドルミニバンの「ストリーム」と全高が低かった4代目オデッセイを統合したようなミニバンとステーションワゴンの要素をミックスしたモデル。中国などでの発売後、日本では2015年に登場した。

 日本仕様は1.5Lハイブリッドと1.5Lターボエンジン車があり、当初のモデルは2列目がキャプテンシートとなる6人乗りの3列シート仕様のみであった。

 特に1.5Lターボ車は、エンジンの回転フィールや乗り心地&ハンドリングといった車の質が良好で、スポーツミニバンといえるくらいワインディングロードなどでも楽しく運転できる車である。

 しかし、6人乗り3列というシート配列がちょっと普遍性に欠けたことや3列目がスポーツカーのリアシートのような広さしかない点、ホンダセンシングなしの1.5Lターボで253万円、ハイブリッドで272万円という価格も内容を考えると高く、販売は低空飛行が続いた。

ジェイドのベンチシート仕様の2列目。3列シート車としては中途半端だが、2列シート車としてみると、室内も広く、走りもスポーティで魅力的

 そういった状況を打破すべく2018年に施されたマイナーチェンジで、中国仕様に設定される2列目が3人掛けのベンチシートを追加。

 グレード体系もRSしかなかった1.5Lターボに標準系を、標準系しかなかったハイブリッドにスポーティなRSを加え強化。

 価格もホンダセンシングを含め十分な装備を持つベーシックな1.5Lターボ車の2列シート仕様「G」で239万8680円とするなど、全体的に値下げされた。

 マイナーチェンジ後のジェイドは、自慢の走りに磨きが掛かり、ベンチシートでも2列目の快適性は高く、スポーツワゴン的なキャラクターも持つ車となった。

 しかし、今年に入ってからの販売台数は残念ながらマイナーチェンジ後の目標の月500台に届かない300台程度と低空飛行のままだ。

 このまま埋もれさせてしまうのが惜しいジェイドには、パワートレーンの総数を減らしてもいいから、中国仕様にあるコストの安い1.8L・NAエンジンを積むなどして再度値下げをしてほしいと思う。

 あと20万円くらい安くなれば、月500台くらいは売れてもおかしくない車なのではないだろうか。

「高質で扱いやすい稀有なセダン」グレイス

グレイス(2014年発売)/全長×全幅×全高:4450×1695×1475mm、2019年3月販売台数:820台、価格:235万3320円(ハイブリッドEX・ホンダセンシング)

 2014年に登場したグレイスは、フィットベースのコンパクト4ドアセダンで、タイなどのアジア圏で先に販売されていたモデルである。

 パワートレーンはシャトルと同じ1.5Lガソリンとハイブリッドで、キャビンとラゲッジスペースもシャトル同様にミドルクラス以上の広さを誇る。

 グレイスの魅力は、ボディ剛性で有利なセダンボディを持つことにより、乗り心地や静粛性といった車の質がフィットファミリーで最も高い点。

 大きい車から小さい車への乗り換えを考えている層には候補に挙げてほしい存在だ。また、グレイスは5速MTもある教習車も設定されているくらい運転しやすい車でもある。

 しかし、グレイスの2018年の販売台数は約7000台と低調だ。

 これは、装備内容も加味するとステーションワゴンのシャトルよりも価格が高いことが大きいように感じる。

 この価格ではグレイスが候補に挙がってもシャトルに流れる人が出るのは当然で、せめて同等の価格になればと感じる。

 また、ベースとなるフィットのスポーツグレードであるRSには6速MTがあるのだから、現状ライバルが思い浮かばない「5ナンバーのスポーツセダン」を設定するなどしたら、浮上の可能性もあるように思う。

◆  ◆  ◆

 このようにホンダには軽自動車、ミニバン、フィット以外にも頑張っている脇役たちもおり、特にグレイスとジェイドはユーザーに良さが伝わるようもう少し手を掛けて欲しいと強く思う。

最新号

ベストカー最新号

【GT-Rに動きあり!? 新型ジューク日本導入は?】期待と不安の日産大特集|ベストカー10月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!最新号では、カラーとモノクロ全35ページにもおよぶ日産大特集をお届け。ベストカースクープ班が独占入手したR35GT-Rファイナルモデルを含めた新車情報を詳しく紹介する。  そのほか、新型スカイライン初試乗や、…

カタログ