とことん質実剛健!! ランクル伝説の立役者「ランドクルーザー 250」がヤバい!!!

とことん質実剛健!! ランクル伝説の立役者「ランドクルーザー 250」がヤバい!!!

 2023年8月、トヨタの新型ランドクルーザー「250」が全世界に公開された。従来型のプラドに代わる250はどこがスゴいのか? その内容やランクルの歴史、これからの展望などを見ていくことにしよう。

文/長谷川 敦、写真/トヨタ

ランクル250のテーマは「原点回帰」

とことん質実剛健!! ランクル伝説の立役者「ランドクルーザー 250」がヤバい!!!
2023年8月2日に行われたワールドプレミアでお披露目された新型ランドクルーザー 250は、ステーションワゴンの300シリーズと共通プラットフォームを採用

 国産大型クロスカントリーモデルの代表格にあった“ランクル”ことトヨタ ランドクルーザーとランドクルーザー プラド。本流のランドクルーザーに対するライトモデルとして存在していたのがプラドだった。

 2022年あたりから、そんなランドクルーザー プラドのモデルチェンジは2023年夏だというウワサが出始め、その時点での最新型プラドの登場が2009年だったので、次のモデルチェンジは久々かつ大型のものになるとも囁かれていた。

 ウワサどおり、ランドクルーザー プラドのモデルチェンジが発表されたのが2023年8月だったが、その発表には、「プラド」のサブネームがなくなるという衝撃的なニュースが含まれていたのだ。

 新たに発表された新型250は、ランドクルーザーのフラッグシップモデルである300系と同じGA-Fプラットフォームを採用し、ハイレベルな悪路走破性を実現している。トヨタが250のテーマを「原点回帰」という理由のひとつがコレ。

 これまでのように“都会派のランクル”といった位置づけのプラドではなく、より質実剛健なランクルのバリエーションであることを強調するための名称変更であると推測される。

 新生250では、従来同様のガソリン&ディーゼルエンジン車に加えてランクルシリーズ初のハイブリッドモデルがラインナップされていることもポイントのひとつ。

 ハイブリッドモデルでは2.4リッター直4ターボにオフロード走行も考慮された電動モーターが組み合わされ、最大出力は330psを誇る。このハイブリッドモデルがランクル250のフラッグシップとなるが、日本市場への導入は未定だという。

 丸目と角目の2モデルが用意されるのも250の特徴だ。丸目モデルはランドクルーザーの正統派ともいうべき顔つきで、角目はモダンな印象を与える。

 フロントバンパー回りのパーツはハードなオフロード走行に対応して容易に交換が行える。同時に丸目から角目、あるいはその逆へのコンバートが可能な設計となっている点にも注目したい。

 破損による交換だけでなく、数年乗った後に顔つきを変えてリフレッシュといった楽しみ方もできる。

次ページは : ランクル プラドとはどういうクルマだったのか?

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

三菱デリカにニューモデル、現る!? 未来のための新エンジン。AT対MT対決など、今号もクルマ界の隅々まで網羅します