ヘタすりゃ全損で大出費! 水没やヒョウにやられたクルマに自動車保険は使えるのか?

ヘタすりゃ全損で大出費! 水没やヒョウにやられたクルマに自動車保険は使えるのか?

 近年、自然災害が頻発しているが、愛車が水没や雹(ヒョウ)の被害に遭ったら大変だ。気になるのは、そういった自然災害にも自動車保険が使えるのかということ。使えなければ出費も高額になりそうだが果たしてどうなのか。調べてみた!

文/ベストカーWeb編集部、写真/Adobestock(トビラ=Daria Nipot@Adobestock)

■基本的に保険が使えるが地震や噴火、津波はダメ

自然災害で愛車がダメージを受けたら自動車保険会社に連絡しよう(ronstik@Adobestock)
自然災害で愛車がダメージを受けたら自動車保険会社に連絡しよう(ronstik@Adobestock)

 暑さの盛りは過ぎようとしているが、台風の季節はむしろこれから。それ以外にも天候が急変してヒョウやアラレが降るなど、秋口には自然災害が起こりやすい。

 クルマオーナーとしては、こういった災害に愛車が巻き込まれないかが心配だ。クルマが水没すればほぼ全損となるし、大きなヒョウにやられれば高額な修理費が生じる。

 そんなダメージを助けてくれるのが自動車保険だが、はたして水没やヒョウ害に自動車保険は使えるのだろうか。

 答えを先に言うと、イエス。車両保険に加入していることが条件だが、こうしたアクシデントには保険が使えるのだ。

 保険代を抑えるために、適用範囲が絞られるエコノミー型の車両保険に入っている人も多いと思う。掛け金が安いと不安になるかもしれないが、エコノミー型でもしっかり補償される。

■自然災害で保険を使うと1等級ダウン

水没やヒョウ害などで保険を使った場合は等級が一つダウンする(Spica@Adobestock)
水没やヒョウ害などで保険を使った場合は等級が一つダウンする(Spica@Adobestock)

 具体的に保険が支払われるケースと、支払われないケースを紹介しよう。まずは保険が支払われるケースとしては以下のような事例がある。

・近くの川が氾濫しクルマが水没した
・アンダーパスの冠水に突っ込んで動けなくなった
・強風で飛んできた看板がボディにぶつかった
・強風でドアが開き隣のクルマを傷付けてしまった
・竜巻でクルマが飛ばされた
・雪の重みで車庫が潰れてクルマが傷付いた
・山火事でクルマが燃えてしまった

 続いて保険が支払われないケースは以下のような場合だ。

・地震で落ちてきた屋根瓦でクルマが傷付いた
・火山が噴火して噴石がクルマに当たった
・津波でクルマが流された

 地震や噴火、津波といった自然災害は、広範囲に被害を生じさせる可能性が高いため、適切な保険料設定が困難であるというのがその理由だ。ちなみに津波の被害は保険適用外だが、高潮の被害ならばカバーされる点は覚えておきたい。

 最後に、自然災害に車両保険を使った際の保険等級はどうなるのだろうか。この場合は、翌年の事故等級が1等級下がるため、保険料が高くなることは覚悟したい。とはいえ、一般的な交通事故を起こした場合は3等級ダウンというケースが多いから、それに比べるとダメージは少ないとはいえる。

 というわけで、水没やヒョウ害には車両保険が使えることが分かった。とはいえ自然災害に無防備でいることは危険でもある。自宅周辺のハザードマップや避難先などについては、普段から頭に入れておくクセを付けたい。

【画像ギャラリー】自宅周辺のハザードマップを確認し愛車を自然災害から守ろう!(5枚)画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

三菱デリカにニューモデル、現る!? 未来のための新エンジン。AT対MT対決など、今号もクルマ界の隅々まで網羅します