かつては厳しい結果に……それでも新型トライトンが再上陸するワケって!? 価格次第でハイラックスの牙城崩せるかも

かつては厳しい結果に……それでも新型トライトンが再上陸するワケって!? 価格次第でハイラックスの牙城崩せるかも

 来年アタマにも日本で上陸する予定の新型トライトン。これが超絶カッコいいのだが、振り返ってみればかつて期間限定で国内販売していた時期もあったが、正直ヒットしたとは言えず。たしかに日本はハイラックスの独壇場となっているが、そもそも再上陸させるワケってなによ。

文:渡辺陽一郎/写真:池之平昌信

■ハイラックス人気が後押し!? トライトン今度はヒットなるか

国内復帰以降、地道に改良を続けているハイラックス。今やGRスポーツモデルもあるなど勢いがスゴい!! トライトンも続け~!!!
国内復帰以降、地道に改良を続けているハイラックス。今やGRスポーツモデルもあるなど勢いがスゴい!! トライトンも続け~!!!

 2023年7月に三菱のピックアップトラック「新型トライトン」が披露された。トライトンはタイで生産され、日本でも12年ぶりに輸入販売する。ボディは後席を備えたダブルキャブのみで、駆動方式は4WDだ。

 ちなみに先代トライトンは、2006~11年にタイ製のモデルを輸入販売したが、1か月の平均登録台数は30~40台に留まった。

 不人気車だったのに改めて輸入販売する理由は何か。開発者に尋ねると「輸入する背景には複数の理由がある。まずは釣やキャンプなど、近年はアウトドア指向が強まったことだ。トライトンは幅広いお客様が購入するクルマではないが、悪路を走るような使い方にはピッタリだ」。

 そして先代型の販売が低調だったのに、新型が売れる見込みがあるのか。

 それに対し「新型トライトンは、ラダーフレームを新開発して、エンジンは直列4気筒2.4Lツインディーゼルターボだ。装備も先進的なピックアップに仕上げた。また近年では、トヨタハイラックスサーフの売れ行きも堅調で、20代の若いお客様が購入されている。ジープラングラーも人気が高く、野性的な4WDの魅力が見直されるようになった」。

 ハイラックスは、以前はビジネス向けのシングルキャブも売られていたが、売れ行きが下がって2004年に一度国内販売を終えた。

 その後、2017年に需要の新たな掘り起こしを狙って国内販売を復活させている。

 復活したハイラックスは、ダブルキャブの4WDのみでビジネス指向は弱い。2.4Lディーゼルターボを搭載して、価格はベーシックなXでも352万7000円と高く、売れ筋のZは388万2000円だ。Z・GRスポーツは431万2000円に達する。

 このハイラックスが堅調に売られ、2023年の登録台数も、1か月平均で約1000台に達する。決して多くないが、カムリを上まわってGR86と同程度だ。

 三菱としては、設計の新しいトライトンで、改めてピックアップにチャレンジする価値はあるだろう。

次ページは : ■国内に本格4WD久々投入!! これキッカケでパジェロも……??

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

待ってました!! N-BOXにSUVモデルが追加! シビックRSの新情報も!「ベストカー」2024年1月10日号

 全国のクルマ好きのみなさま。「ベストカー」2024年1月10日号、発売中です。表紙を見て「なんじゃ、あのクルマ!」と思った方も多いと思いますが、メイン写真はN-BOXに追加で登場するN-BOX JOY。これをはじめ次期フリードやシビックRSの新情報など、SCOOP特集がアツい今号をお見逃しなく~!

カタログ