パジェロとサファリがランクルになれなかった理由 さらば超名門SUV!

 2019年4月24日、三菱がパジェロの国内向けモデルを8月いっぱいで生産終了すると発表。一世を風靡した“クロカン”が37年の歴史に幕を下ろす。

 いっぽう、直後の4月27日に日産のパトロール NISMOが、スーパーGTのレスキュー車両として導入される。そんな発表もあった。

 パトロールといえば、日産を代表する大型SUVだった「サファリ」の海外販売名。国内向けは2007年に生産終了となったものの、いまも海外では“現役”だ。冒頭のパジェロも海外では今後も販売が継続される。

 パジェロとサファリ。――かつて三菱と日産を代表するモデルだった両車は、なぜ日本で生き残ることができなかったのか。似た立ち位置ながら国内でいまも堅調に売れるトヨタ ランドクルーザーと比較すると、その理由の一端が見えてくる。

文:永田恵一
写真:NISSAN、MITSUBISHI、編集部


サファリ後継「パトロールNISMO」は400馬力超のモンスターSUV

かつて日本で販売されたサファリ系譜をひくパトロール。全長5170mm×全幅1995mm×全高1940mmのラージSUVで、その高性能版が写真のパトロールNISMOだ

 現行パトロールは、2010年にランドクルーザーなどに相当するラダーフレームを持つ本格ラージSUVとして登場。

 巨大なボディを生かした3列シートを持つ8人乗りのSUVで5.6L・V8エンジンを搭載する点や高級車のようなインテリアを持つことなど、ランドクルーザーに非常に似た車である。

 2015年に中東向けパトロールに追加されたNISMOは、エンジンをパワーアップ(400馬力から428馬力)し、ビルシュタインダンパーを使った専用サスペンションなどを装備。

 このほか、レイズ製22インチホイールによる足回りの強化、ボディ剛性の向上、エアロパーツの装着による空力性能の向上、シートなどのインテリアの変更といった日本で販売されるNISMOロードカーと同様のチューニングが施されている。

 ちなみにスーパーGTのFROカー=レスキュー車両とは、コース上でアクシデントが起きた際にドクターとオフィシャルが同乗し現場に真っ先に駆け付けるオフィシャルカーである。

 そのため素早く現場に行ける速さ、機材が積める積載性、アクシデントに遭った車両を移動できる牽引力が要求される。

 現在はランドクルーザープラド、レガシィアウトバック(3.6Lフラット6を搭載する豪州仕様)、ポルシェ マカンターボが使われており、日産も絶版となっているスカイラインクロスオーバーを提供していた。

 その後継車がパトロールNISMOで、FROカーに求められる条件を見るとパトロールNISMOは相応しいことがよくわかる。

パジェロとサファリ 海外ではどのように展開?

2015年に発売された現行型パジェロスポーツ。全長4785×全幅1815×全高1800と、パジェロよりひとまわり小型で、2017年上半期には三菱車全体で5番目に多い約3万8000台をグローバルで販売

 海外向けのパジェロは、日本で生産されており、南アフリカなどのアフリカ、中国やフィリピンなどのアジア、ロシア、ブラジルなどの南米、UAEやサウジアラビアなどの中東、オーストラリアやニュージーランドといったオセアニア地区で販売。

 仕向地によっては日本向けのパジェロでは廃止された3ドアや3.8L・V6エンジンも設定される。

 そして、2006年登場とモデルが古い現行パジェロより、世界的に中心となっているのがパジェロスポーツだ。

 2015年登場のパジェロスポーツは、タイなどの海外で生産され、日本のランドクルーザープラドに相当する3列シートも設定する持つ本格SUVだ。

 高級感ある内外装を持ち、8速ATと組み合わされる2.4L直4ディーゼルや3L・V6ガソリン(エンジンは仕向地によって異なる)を搭載するなど現代的なSUVで、内容を見ると販売が好調なのもよくわかる。

 いっぽう現行パトロールも、日本で生産され中東を中心に、北米(車名はアルマーダ)、オセアニアといった国土の広い地域で販売される。

 パワートレーンは、7速ATと組み合わされる5.6L・V8エンジンを搭載。こちらは直噴で出力調整をスロットルバルブでなく吸気バルブのリフト量で行うVVELを使うなど、なかなか進んだエンジンだ。

 また、北米向けには2WD、中東向けには4L・V6も設定されるなど、なかなか芸が細かい。さらに、パトロールをベースにしたランドクルーザーに対するレクサス LXのような存在となるインフィニティ QX80も世界各国で販売されている。

ランクルとは何が違った? 両車が日本で絶版となった理由

2006年に発売された現行型パジェロ。ディーゼルエンジン車は、ランドクルーザープラドが2015年に追加したのに対し、2008年に先んじて投入された

 結論から言えば「時代の変化に対応し切れなかった」ということだろうか。

 というのも、先代型となる3代目パジェロが登場した1999年の時点で、300万円以上の高額SUVは、1997年に登場したトヨタ ハリアーの影響もあり、高級化が必要になりつつあった。

 しかし、3代目パジェロは、初代と2代目の成功が大き過ぎたのか、武骨な部分が強いまま登場。

 2006年登場の現行型(4代目モデル)は、やや高級感を増したものの、車自体が3代目モデルの超ビッグマイナーチェンジレベルだったこともあり、最初から古さを感じてしまった。

 その間に、高級路線も進めたライバルのランドクルーザープラドは、ブランドイメージを高め、結局パジェロのアドバンテージは価格の安さ、日本では絶版となった3ドアの設定、ディーゼルエンジンの設定で先行したことくらいしか浮かばなくなってしまった。

 さらに、パジェロのブランドイメージ向上に大きく貢献したダカールラリーからも2008年を最後に撤退。パジェロのイメージは薄くなり、日本仕様が絶版になったのも残念ながら納得できる。

1997年登場の3代目サファリ。2007年を最後に日本での販売を終了したが、海外ではモデルチェンジを経て「パトロール」、「アルマーダ」の車名でいまも販売が続く

 いっぽう、サファリが日本で絶版になった理由もパジェロに近い。

 ランドクルーザーは、1989年登場の80系で高級感ある内外装や通常の雪道程度なら切り替え不要なフルタイム4WDを採用し、高級化やイージードライブ化を進めていた。

 それに対し、サファリは1997年登場の3代目モデルでも内外装は無骨、4WDシステムも切り替えが必要なパートタイムのままで、ランドクルーザーが200系にフルモデルチェンジした2007年に絶版に。

 両車ともパジェロスポーツと現行パトロールであれば、ランドクルーザープラドとランドクルーザーに勝負できない車ではないだけに、日本導入を望みたいところ。

 日本で買える日本車の本格SUVがランドクルーザーしかなく、比較できる車がないのではつまらない!

最新号

ベストカー最新号

【次期クラウンはマツダとコラボ!?】トヨタ巨大提携で生まれる新車|ベストカー 12月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、トヨタと国内メーカーとの巨大提携によって生まれる新型車の重要情報をお届け。ベストカースクープ班が独占入手した情報を詳しく紹介する。   そのほか、ダイハツロッキー&トヨタライズDebu…

カタログ