ガチ対決勃発!! ハリアー対クラウンスポーツどっちがいい? どっちがお得?

ガチ対決勃発!! ハリアー対クラウンスポーツどっちがいい? どっちがお得?

 2023年10月6日にいよいよ発売となった、トヨタ新型「クラウンスポーツ」。国産車とは思えない艶やかな雰囲気や、クラウンシリーズとしては比較的運転しやすいサイズ感などから、期待している人も多いことだろう。

 シリーズ4タイプのうち「スポーツSUV」を担うモデルであるクラウンスポーツだが、スポーティな高級クロスオーバーといえば、トヨタ車でいえば「ハリアー」が人気だ。(パワートレイン次第ではあるが)価格帯も大きくは違わない両モデルは、身内ながらライバル。はたして、ハリアーとクラウンスポーツはどちらがいいのか!? どちらがお得なのか!??

文:立花義人、エムスリープロダクション
写真:TOYOTA、平野学

同じパワートレインだと75万円差まで近づく

 まずは価格を比較してみよう。新型クラウンスポーツは2.5Lハイブリッドモデルの1グレードのみで、価格は税込590万円、駆動方式はE-Four(4WD)のみだ。一方のハリアーは、2.0Lのガソリンモデルで2WDを選ぶと312万8000円からという価格だが、クラウンスポーツと同じスペックの2.5LハイブリッドE-Fourだと433万9000円からとなり、上級グレード(Z レザーパッケージ)になると514万8000円と、クラウンスポーツと75万円差まで近づく。

 クラウン(スポーツ)とハリアーでは車格が異なるため、この価格差は当然ではあるが、ハリアーも上級グレードであれば500万円を超えてくるため、ハイブリッドで4WDを検討しているならば、あと75万円でクラウンスポーツに手が届くとなると迷う部分かもしれない。

クラウンスポーツのインテリア。シリーズ共通のデザインで、機能性、高級感は抜群だ
クラウンスポーツのインテリア。シリーズ共通のデザインで、機能性、高級感は抜群だ
新型クラウンスポーツは2.5Lハイブリッドモデルの1グレードのみで、価格は税込590万円、駆動方式はE-Four(4WD)のみだ
新型クラウンスポーツは2.5Lハイブリッドモデルの1グレードのみで、価格は税込590万円、駆動方式はE-Four(4WD)のみだ

基本的な違いは少ない両モデル、ただやはり贅沢装備には違いが

 ハリアーとクラウンスポーツは、どちらもトヨタのGA-Kプラットフォームを採用するモデルだ。ボディサイズは、ハリアーが全長4,740mm×全幅1,855mm×全高1,660mm、ホイールベースは2,690mmであるのに対し、クラウンスポーツは全長4,710mm×全幅1,880mm×全高1,560mm、ホイールベースは2,770mm。全体的なサイズはほぼ同じだが、クラウンスポーツは全高が100mmも低いため、よりスポーティな印象だ。

ハリアーとクラウンスポーツは、全体的なサイズはほぼ同じだが、クラウンスポーツのほうが全高が100mmも低いため、よりスポーティな印象
ハリアーとクラウンスポーツは、全体的なサイズはほぼ同じだが、クラウンスポーツのほうが全高が100mmも低いため、よりスポーティな印象

 基本的なパワートレインに大きな違いはなく、エンジンの型式もA25A-FXSで両車同じ。ただ、最高出力はわずかにクラウンスポーツのほうが高められており、バッテリーは、ハリアーがリチウムイオン、クラウンスポーツはバイポーラ型ニッケル水素電池の搭載だ。

 メカニズムで大きな違いとなるのは、後輪操舵の有無だ。クラウンスポーツにはDRS(Dynamic Rear Steering)と呼ばれる後輪操舵システムが備わっており、車速に応じて後輪の向きを逆向き、または同じ向きに制御することで、低速域では取り回しがよく、中・高速域では自然なハンドリング性能を実現させてくれる。これによってクラウンスポーツは、ハリアーよりも小さい最小回転半径5.4mを実現(ハリアーは5.7m)。

 これは都市部での扱いやすさにつながるし、もちろんハンドリング性能にも違いが出てくる。このあたりは、クラウンスポーツが贅沢な機能を搭載した高級モデルなのだと実感できる部分だろう。

2020年発売の新型ハリアー。洗練された上質なデザインと、普段使いでもロングドライブでも使いやすいバランスの取れたボディサイズが魅力だ
2020年発売の新型ハリアー。洗練された上質なデザインと、普段使いでもロングドライブでも使いやすいバランスの取れたボディサイズが魅力だ

次ページは : 存在感を求めるならばクラウンスポーツ、必要な機能だけを求めるならばハリアーで十分

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

GR86の4ドアモデル、出る!! 三菱トライトンを雪上初テスト! 注目情報を満タンでお届け「ベストカー3月10日号」

新型スズキスイフト、レクサスLBXなど注目の新型車が続々登場! 「ベストカー3月10日号」! 今年も名物企画「雪上テスト」開催! 三菱トライトンの実力をいち早く丸裸にしたぞ!