N-BOX買うならソリオもあり!! 年間の維持費は4万円アップだけど……走りも室内空間もいいことだらけだった!

N-BOX買うならソリオもあり!! 年間の維持費は4万円アップだけど……走りも室内空間もいいことだらけだった!

 「100万円台で選ぶ」という条件をつけた場合、大きな悩みどころとなるのは「軽自動車と登録車ならどちらを選ぶか」に尽きると思う。この両者を、購入時の金額差や、諸経費などのランニングコストも含めて比較し、悩みを解決していこう。

※本稿は2024年1月のものです
文/渡辺陽一郎、写真/ベストカー編集部 ほか
初出:『ベストカー』2024年2月10日号

■全高1700mm以上+スライドドアの軽自動車が人気

国内最多販売車は軽自動車のホンダ N-BOX
国内最多販売車は軽自動車のホンダ N-BOX

 100万円台の乗用車では、全高が1700mm以上あり、スライドドアを装着する軽自動車のスーパーハイトワゴンが売れ筋だ。N-BOXは国内の最多販売車種で、スペーシアやデリカミニも人気が高い。一方、同じ価格帯のコンパクトカーには、車内の広いソリオ、シエンタ、クロスビーなどがある。

 この中ではスズキのソリオを推したい。ハイブリッドMXは、装備を充実させて194万1500円になる。そしてこの装備を同じスズキの背の高い軽自動車、スペーシアに当てはめると、価格が180万1800円のカスタムハイブリッドGSに近い。両車の価格差は約14万円だ。

 そこでソリオとスペーシアを比べる。ソリオはボディが大きく車内も広い。エンジンの排気量と動力性能は、スペーシアの1.9倍だ。スペーシアもターボなら性能が高まるが、価格は200万円を超える。

 100万円台ならソリオがパワフルだ。走行安定性も同様で、ソリオの全幅はスペーシアに比べて170mm幅広い。したがって走行安定性と乗り心地も優れている。

■軽自動車とコンパクトカーのランニングコストは?

登録車のスズキ ソリオ。わずかではあるがスペーシアよりも横幅がワイドで安定感に優れる。反面、燃費ではスペーシアに一歩譲る
登録車のスズキ ソリオ。わずかではあるがスペーシアよりも横幅がワイドで安定感に優れる。反面、燃費ではスペーシアに一歩譲る

 逆にWLTCモード燃費は、スペーシアカスタムハイブリッドGSが23.9km/L、ソリオハイブリッドMXは19.6km/Lだ。レギュラーガソリン価格が1L当たり160円なら、1年間に1万kmを走った時のガソリン代はソリオが8万1600円、スペーシアは6万6900円になる。年額1万4700円の差額だ。

 自動車税/軽自動車税も、スペーシアが年額1万9700円安い。そのほか自動車重量税、自賠責保険料などを含めた1年当たりの平均維持費は、1万kmのガソリン代まで含めると、スペーシアのような軽自動車のスーパーハイトワゴンが12万円前後、ソリオなどのコンパクトカーは16万円前後だ。

 複数の車両を所有する世帯では軽自動車が有利だが、1台だけなら、あまり差が開かない。コンパクトカーを選ぶメリットは大きい。

【画像ギャラリー】クルマ界の究極の選択!! 100万円台で選ぶ軽自動車&コンパクトカー(36枚)画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

トヨタの韋駄天が覚醒する! 6代目NEWスターレットのSCOOP情報をはじめ、BC的らしく高級車を大解剖。さらに日産・ホンダの協業分析、そして日向坂46の富田鈴花さんがベストカーに登場! 新社会人もベテランビジネスマンまで、誰もが楽しめるベストカー5月10日号、好評発売中!