燃費は驚異のリッター49.5キロ!! MX-30 REVは質感が高い! ロータリーだからこそ付け加えてほしい機能とは?

燃費は驚異のリッター49.5キロ!! MX-30 REVは質感が高い! ロータリーだからこそ付け加えてほしい機能とは?

 古くからの読者の皆様はおそらくご記憶であろう、ベストカーのレジェンド、タケちゃんマンこと竹平素信氏。御年76歳の今もますますお元気。今回、最新のアノ車と共に竹平氏のショップにお邪魔した。タケちゃんマンは最新車に何を感じたか!?

※本稿は2024年1月のものです
文/竹平素信、ベストカー編集部、写真/MAZDA、ベストカー編集部、撮影/平野 学
初出:『ベストカー』2024年2月10日号

■ベストカーのレジェンドが久々の登場!

御年76歳のタケちゃんマンこと竹平素信氏が久々の登場。お元気そうでなにより!!
御年76歳のタケちゃんマンこと竹平素信氏が久々の登場。お元気そうでなにより!!

 タケちゃんマンこと竹平素信氏。古くからのベストカー読者の皆さまだったら、よーく知っているだろう。1980年代から2010年代のベストカー誌面にはいなくてはならなかったレジェンドだ。

 そんなタケちゃんマンも御年76歳!!

 「最近はめっきり自動車メーカーの試乗会にも行かなくなったからのぉ。もちろん、情報は探っとるから、どんなクルマが出たかくらいはわかっておるぞぃ。ん? どれどれどれ?」

 タケちゃんマン、ノリノリでお元気であります。

 「ところでウメキ、今日のこのクルマはなんじゃい?」

■待望のロータリーEVに御大も歓喜

さっそくエンジンルームを覗き込む。「おっ、このオレンジ色のコードは……」。相変わらず表情はひょうきんだが観察眼は鋭い
さっそくエンジンルームを覗き込む。「おっ、このオレンジ色のコードは……」。相変わらず表情はひょうきんだが観察眼は鋭い

 竹平「ベストカー読者の皆さん、明けましておめでとうございます。ま、取材日はまだ12月なんだがな……」

 ベストカーウメキ「竹平さん、ご無沙汰しています。ちょっと面白いクルマが出たので、ぜひ竹平さんに乗っていただきたくてやって来ました」

 竹「ほいきた! 任せておきなさい!!」

 ウ「ではさっそく」

 竹「ところでウメキ、エンジン音が聞こえんが、こりゃ電気自動車か? MX-30にはEVあったよな?」

 ウ「惜しいです、竹平さん」

 竹「どれ、エンジンルームを見てみるかいの? おっ、なんかいろいろ詰まっているな。オレンジ色のコードは高電圧系だから……、わかったぞい、ハイブリッドだな!」

 ウ「さすがですね!」

 竹「おお、ウメキ! フロントフェンダーのエンブレム、わかったぞ、アレじゃな!!」

 ウ「アレですよ、アレ」

 竹「ロータリーじゃな。ほほ~っ! ついに商品化されたのか。もうずいぶん前だったけどが、たしかデミオにロータリーエンジン積んで発電しながらモーターで走る試作車に乗ったことがあるぞ」

 ウ「それです!」

 竹「どこにロータリーエンジンが積まれているのか、エンジンルーム見てもわからんな」

 ウ「シングルローターなので薄いですからね。ちょうど、このカバーの下あたりです」

 竹「シングルローターってことは、エンジンは新開発ということだな?」

 ウ「そのとおりです。容積830ccですから、以前の13Bより単体の容積は大きいです」

 竹「このロータリーエンジンで発電して、モーターで走るということだな!?」

 ウ「そういうことです。じゃ、ひとっ走りお願いします!」

次ページは : ■いまだ衰え知らずのタケちゃんマン

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

トヨタの韋駄天が覚醒する! 6代目NEWスターレットのSCOOP情報をはじめ、BC的らしく高級車を大解剖。さらに日産・ホンダの協業分析、そして日向坂46の富田鈴花さんがベストカーに登場! 新社会人もベテランビジネスマンまで、誰もが楽しめるベストカー5月10日号、好評発売中!