アリアもついに400馬力オーバーへ!! e-4ORCEベースのNISMOチューンで電撃のコーナリング力

アリアもついに400馬力オーバーへ!! e-4ORCEベースのNISMOチューンで電撃のコーナリング力

 2024年1月の東京オートサロン。日産はNISMOにフラッグシップBEVのアリアを追加。魅力がさらにマシマシに。さらにエクストレイルとセレナのオーテックモデルも企画中。災害支援車両なども出展するなど大注目の内容だった!!

※本稿は2024年1月のものです
文/ベストカー編集部、写真/NISSAN
初出:『ベストカー』2024年2月26日号

■NISMOにフラッグシップBEVが仲間入り

日産 アリアNISMO。パワーユニットに手を入れ、ベースモデル比で約10%の出力向上に成功。e-4ORCEにもNISMOチューンを施した
日産 アリアNISMO。パワーユニットに手を入れ、ベースモデル比で約10%の出力向上に成功。e-4ORCEにもNISMOチューンを施した

●ここがポイント
・e-4ORCEをベースにNISMOチューニング
・B6、B9ともにベースに対し約10%パワーアップ
・NISMOのスポーティさをアピールする内外装

 ベース車両から大きく引き上げられたスポーツ性能を持つ、日産のNISMOロードカーシリーズに新モデル、アリアNISMOが加わる。

 日産はすでに電動スポーツモデルとしてリーフとオーラにNISMOグレードを設定しているが、ついに日産EVのフラッグシップモデルにも、NISMOが設定されるということだ。

 コンセプトは「風格と電撃のクロスオーバー」。外観はベースのアリアが持つ上質さに、レース活動を通じて得られた知見をフィードバックした空力パーツを付加したもの。空気抵抗の軽減とダウンフォースの向上を高次元で両立させる。

 パワーユニットも約10%の出力向上が図られ、290kW(396ps)から320kW(435ps)に(B9)。ドライブモードにも、持てる性能を全開放できる専用のNISMOモードが用意された。

■e-4ORCEも専用チューン

装着する255/45R20サイズのミシュランの「パイロットスポーツEV」は専用開発
装着する255/45R20サイズのミシュランの「パイロットスポーツEV」は専用開発

 電動パワーステアリング、ブレーキ、VDCの特性もNISMO専用チューンとされたが、特筆すべきはやはり専用チューンを受けた四輪制御技術「NISMO tuned e-4ORCE」だろう。

 通常の4WDでは前後50:50とされる駆動配分をNISMOではややリアに多く配分。それにより普通のクルマがコーナー手前でアクセルを抜いて減速するところを、あまりアクセルを戻さず、それどころが逆に少し踏んであげてもキレイに曲がっていくという。その走りはまさしく「電撃」とのことだ。

 ちなみにEVということで気になる航続距離だが、モーター自体は変えておらず、通常使用時の効率という点では不変のため、出力アップによる航続距離短縮はないもよう。ただ、専用開発された高グリップタイヤを履くため、そのぶんが航続距離に影響するようだ。

 2024年春の正式発表まで価格はわからないものの、かなり魅力的な仕上がりになっていること確実なアリアNISMO。正式発表のタイミングまでには通常モデルのアリア含め、万全の態勢で供給できるようにするというから期待したい。

次ページは : ■オーテックスポーツスペック この2台にも注目!

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

トヨタの韋駄天が覚醒する! 6代目NEWスターレットのSCOOP情報をはじめ、BC的らしく高級車を大解剖。さらに日産・ホンダの協業分析、そして日向坂46の富田鈴花さんがベストカーに登場! 新社会人もベテランビジネスマンまで、誰もが楽しめるベストカー5月10日号、好評発売中!