BEVになっても「ベンツらしさ」は不変!! 液晶パネルの反射は要改善か!? メルセデスベンツ EQS450徹底試乗

BEVになっても「ベンツらしさ」は不変!! 液晶パネルの反射は要改善か!? メルセデスベンツ EQS450徹底試乗

「メルセデスベンツEQ」ブランドを立ち上げ、BEVラインナップの拡大に取り組むなかでフラッグシップに君臨するのが「EQS」。高級セダンであるSクラスのBEV版のようなポジションであることを考えると期待も高まるが、走りの評価はいったいどうだ!?

※本稿は2024年1月のものです
文/水野和敏、写真/ベストカー編集部、撮影/池之平昌信
初出:『ベストカー』2024年2月26日号

■EVにしかできないパッケージング

走りはあくまで静かで滑らか。速度を上げていっても静粛性は変わらない。ラグジュアリーEVの見本のような感覚だ
走りはあくまで静かで滑らか。速度を上げていっても静粛性は変わらない。ラグジュアリーEVの見本のような感覚だ

 改めて、この全面液晶パネルは反射が激しいです。反射を抑えるために傾斜をつけて配置しているのでしょうが、それでもちょっと気になります。ここまで大きいと、気にならないレベルまで反射を抑えるのは困難でしょう、小手先の表面処理などで対処できる仕様ではありません。

 では走りましょう。

 静かで滑らかです、これぞラグジュアリーEVという感覚です。

 例によって歩くほどの速度でゆっくりと走りながらステアを左右に大きく切ります。まったく車体に遊びがありません。操舵に対する左右差もなく、切り始めからしっかりと車体の動きが反応しています。ただし、タイヤのショルダーの柔らかさは感じます。

 速度を上げていっても静粛性は変わりません。タイヤが路面を叩く音も入ってきません。ブッシュ類が起こすブルブル感が若干残ります。車体がガッチリしている分、ブッシュ類の遊びが目立ってしまうのです。とはいえ、乗り心地はとても素晴らしいです。

 ブレーキは、ペダルを軽く踏むと一瞬、初期制動の効きの鈍さを感じます。奥まで踏めばグググと効いてくるのですが、踏んだ瞬間に制動力が立ち上がらず、スッと抜ける感覚があります。ちょっとコントロールに気を使うブレーキです。

 動力性能はスポーツモードにしてもけっして暴力的と言うほどではありませんが、この後輪1モーター仕様で充分なトルクを出しています。穏やかでプレミアムサルーンらしい走りです。

 フロントが軽く、車重2.5トンを超えるクルマとは思えないほどの軽快な動きです。このEQS450はリア1モーター仕様で、前軸重1210kg、後軸重1350kgとややリア寄りの重量配分も効いています。EVだからできるパッケージングです。

次ページは : ■EQSの評価は!?

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

トヨタの韋駄天が覚醒する! 6代目NEWスターレットのSCOOP情報をはじめ、BC的らしく高級車を大解剖。さらに日産・ホンダの協業分析、そして日向坂46の富田鈴花さんがベストカーに登場! 新社会人もベテランビジネスマンまで、誰もが楽しめるベストカー5月10日号、好評発売中!