おいおいサイコーの選択肢じゃん! 結構アリかも……ハイエースが普段使いもイケる納得のワケ

おいおいサイコーの選択肢じゃん! 結構アリかも……ハイエースが普段使いもイケる納得のワケ

 究極の仕事車であるハイエースは日夜、我々の生活を支えてくれる仕事人の頼れる相棒だ。だが最近ではハイエースの広大なスペースと堅牢さから、家族用のミニバンとして使う人も増えてきている。そこで今回はハイエースを家族用で使う方法をお教えしよう。

文/佐々木 亘、写真/TOYOTA

■乗車人数が3名を超えるなら迷わずスーパーGLを選ぶべき

シートもふかふかで、ヘッドレストも付いてるスーパーGLは長時間乗っても全然イケる
シートもふかふかで、ヘッドレストも付いてるスーパーGLは長時間乗っても全然イケる

 そもそもハイエースは「物」や「道具」をたくさん運ぶためのクルマだ。普段よく見かける職人のクルマは「ハイエースバン」という。

 この他にも人をたくさん乗せるためのハイエースが存在して、ハイエースワゴンとハイエースコミューターがあるのだ。

 ワゴンは10名乗車、コミューターは14名乗車が基本形なので、大家族の親子3世代同居などでもない限りは、選ぶ必要は無い。

 今回の話は、ハイエースバンをファミリーユースにする前提で進めていく。

 まず、乗車人数が3名を超える場合や、チャイルドシートの装着が必須という人は、迷わずスーパーGLを選んでほしい。

 標準ボディの2.0Lガソリンで十分だ。車両本体価格は315万5700円からとなる。

 ファミリーカーとして、ハイエースバンを選ぶ場合、ほとんどのケースがスーパーGLに落ち着く。

 他のハイエースバンと違い、リアシートにヘッドレストがあり、リクライニングと前後スライドができるためだ。

 他のグレードではリクライニング・スライド無し、ヘッドレストすらない直角ベンチシートに家族を乗せることになる。

 ほぼ確実に「私たちはモノですか?」と、怒気の混じった声で、詰められてしまうことだろう。

■価格が魅力のデラックスも捨てがたい

 後席の形状に難があるものの、価格に大きな魅力を持っているのがデラックスグレードだ。

 2列シート6人乗りの5ドアで、255万円(2.0Lガソリン)となる。スーパーGLとは50万円以上の価格差があるのは見逃せない。

 夫婦2名で使うという場合は、デラックスでもいいだろう。

 全席シートはヘッドレストが取り外せず、助手席側はスライドしないが、シートの体裁は保っている。

 また、リアシートに手を加えるという前提で、デラックスを選ぶのも悪くは無い。ハイエースならではの、カスタム大作戦だ。

 カスタムは無数にあるが、定番なのはリアシートをそのままにして、ヘッドレスト部分を付け加えるというもの。

 さらにスーパーGLのリアシートを、デラックスに乗せるという方法もあることにはある。費用としては10万円程度だ。

 リアシートカスタムをする場合、必ずデラックスの6人乗りを選択してほしい。

 3人乗りを選択すると、リアシート取り付けと同時に構造変更が必要となり、さらに10~30万円ほどの費用が掛かるからだ。(構造変更するくらいなら、素直にスーパーGLを買った方が良い。)

次ページは : ■ハイエースライフの醍醐味を得るならスーパーGLよりもデラックスがおススメ!

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

トヨタの韋駄天が覚醒する! 6代目NEWスターレットのSCOOP情報をはじめ、BC的らしく高級車を大解剖。さらに日産・ホンダの協業分析、そして日向坂46の富田鈴花さんがベストカーに登場! 新社会人もベテランビジネスマンまで、誰もが楽しめるベストカー5月10日号、好評発売中!