日野、ダイハツ、豊田自動織機…… トヨタの新たな統治の仕組みで続発する不正は根絶できるのか?

■ダイハツ改革に向けた、異例の人事が示すもの

ダイハツの新社長に就任した井上雅宏氏
ダイハツの新社長に就任した井上雅宏氏

 本末転倒なのです。

 改善し続けるのがトヨタ生産方式で、結果として高い効率が生まれます。

 豊田会長が掲げたビジョンとは、トヨタ生産方式の原点に立ち戻ることなのです。

 豊田会長がグループ統治の責任者となることで、この先、豊田会長の顔に泥を塗るような行為は影をひそめるでしょう。グループのコンプライアンス意識は改善し、中・長期的な不正リスクは軽減できると考えます。

 ダイハツの新経営体制には海外経験が長い井上雅宏氏が社長に就任しました。

 驚きはトヨタ九州元副社長の桑田正規氏が副社長に就任し、風土や組織の改善に取り組むところです。異例の人事と言わざるを得ず、トヨタがダイハツ改革に全力で取り組む意思が見て取れます。

 ダイハツは一旦軽自動車事業に特化させるという仮定の「軸」を置き、そこからダイハツの事業領域のあるべき姿を模索する方向です。

 そうはいっても、ダイハツ抜きにトヨタのアセアン戦略は考えられません。ダイハツが復活しなければ、新興国における強みを活かそうとするトヨタの基本戦略の基盤が崩れていくことを意味します。

●中西孝樹(なかにしたかき):オレゴン大学卒。1994年より自動車産業調査に従事し、国内外多数の経済誌で人気アナリスト1位を獲得。著書多数

ベストカーチャンネル特別映像「【トヨタのEV戦争】中西孝樹の特別授業〜誰と何のために戦っていくのか~」プレスブリーフィング独占公開!
トヨタのEV戦争

トヨタのEV戦争

中西孝樹
1,870円(06/13 01:30時点)
発売日: 2023/07/27
Amazonの情報を掲載しています

●これまでの連載はこちらから!

【画像ギャラリー】2月26日現在のダイハツ車・OEM車生産再開状況をギャラリーでチェック!(18枚)画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

三菱デリカにニューモデル、現る!? 未来のための新エンジン。AT対MT対決など、今号もクルマ界の隅々まで網羅します