【10年ぶりの購入で驚愕連発!!】 久々の車買い替えで驚くこと26選


 下の写真はベストカーの編集者・B所有の2006年式ホンダストリーム(と同タイプの写真)。10年以上もの間大切に乗ってきた1台だ。ちなみに走行距離は5.6万kmとのこと。

 なぜ編集者のクルマ? かというと、Bが「13年ぶりに愛車を買い換えよう」と動き出したからなんである。

 とはいうものの、言うは易し行うは難し。いざ自分が10年ぶりに買い換えるとなると、あまりの進化ぶりに目が回りそうになってしまった。「10年一昔」とはよくいったものだ。

 こんな人、意外と多いのでは? と思い、10年でクルマはここまで進化したんだ! というものを集めて並べてみた。

 ちなみにBのストリームの装備なども下に列挙しておこう。本文を読めば「は? こんなのが驚き?」と思うかもしれないが、この装備を見ればBの「隔世の感」を追体験してもらえるかもしれない。

●キーを挿し込んでエンジンスタート
●ハロゲンヘッドランプ
●足踏み式パーキングブレーキ
●今や少数派のインパネシフト
●メーター類はすべてアナログ。液晶表示なし
●ETCカードは後付けで本体剥き出し
●ヨメの希望により「コーナーポール付き」(2回ほどしか使ってない)
●実燃費は極悪の一般走行で9.1km/L(2L、NA搭載)

※本稿は2019年6月のものです
文:ベストカー編集部/写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2019年7月10日号


【ちょい高級車〜高級車編 01】「ヘイ! メルセデス」など、クルマと会話が!

 欧州車などに備わっているのがクルマと会話できるシステム。

 例えば、「ヘイ! メルセデス」や「ヘイ! BMW」などと声をかけ、「ちょっと暑いかな」と話せば、「温度を1℃下げましょう」と音声で応じて、自動で温度調整する優れモノ。まるで1980年代のリアル『ナイト・ライダー』じゃないですか!

クルマと会話ができるBMW3シリーズ

【ちょい高級車〜高級車編 02】 モーターが2つも3つもある!?

 ハイブリッド量産モデル誕生から22年。ハイブリッド技術も進化しており、たとえば現在、ホンダでは2モーター(名称/i-MMd)のシステムをオデッセイなどに搭載。

 今年10月登場の次期フィットにも搭載されると発表したから驚き。さらにNSXは3モーターハイブリッドシステムと、贅沢さが漂う。

次ページは : 【ちょい高級車〜高級車編 03】 足の出し入れでドアが開く。そんな時代にビックリ