アルファード、セレナ…最近流行りの「怖い顔」を作りたくなる事情

■まとめ

 トレンドにのってタイムリーに商品を出すことは、ビジネスの鉄則ではあるが、流行があればその逆に衰退もあるわけで、「勢いのある流れ」がこのまま続くとは限らない。

 デザインのトレンドは、ゆっくりではあるが、刻々と変わっていく。

 我々が子供の頃に描いていた「2020年頃のクルマ」とはどんな姿をしていただろうか。流れるような「つるん」とした卵のような形状をしたかもしれない。はたまた、ボディ全体が「カクカクした」クルマだったかもしれない。

 クルマ開発の「超花形」業務であるデザイナーの方々には、クルマ好きが希望を感じる、10年20年乗り続けても「かっこいいな」と思えるようなフロントフェイスを期待している。

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

トヨタの韋駄天が覚醒する! 6代目NEWスターレットのSCOOP情報をはじめ、BC的らしく高級車を大解剖。さらに日産・ホンダの協業分析、そして日向坂46の富田鈴花さんがベストカーに登場! 新社会人もベテランビジネスマンまで、誰もが楽しめるベストカー5月10日号、好評発売中!